*お手てつなご!*ヘルパーステーション*


天上のmooと地上のmoomamaが、ない知恵絞って介護のお手伝いいたします。
ながく応援いただきましてありがとうございました。

検索からこちらへおいでくださった方へ
ここは 老猫介護・・・むーちゃんの場合というサイトの掲示板です。
入口はhttp://oldcat.moo.jp/moo-top.htmlになります。
最近は更新があまりありませんが介護日誌やブログ、介護用品、療法食、老化現象についてなど
メニューがご覧いただけますので 一度表玄関へもお越しくださいませ。
また携帯からご覧頂いているかたも多くなっているようですが、
残念ながら携帯電話に対応する構造にはなっていません。フルブラウザーでお願いします。

Post a New Message
 Name
 E-Mail
 U R L
 Icon Icon
 Title
 Message
<A>,<FONT>,<B>タグのみ使用出来ます。
 文字色
 File
大きさ214KB以下( jpg, gif, jpeg )
 Pass
投稿用PASS


お知らせ
moomama  
どなたか l/d(エルディー)肝臓用の療法食をお使いの方はいらっしゃいませんか?

常食、お試しを問いませんので 食べてくださる猫さんがいたら ご連絡お待ちしております。
たくさんありますので遠慮なく。
送料だけご負担ください。
Date: 2009/07/16/12:49:57   [9734]

Re:お知らせ
moomama  
ニャンママさんから 猫さんがお手手つないでる写真を頂戴しました。
他にもお手てつないでる写真、大募集〜
Date: 2009/07/17/11:20:48   [9735]



情報のひとつとして
ちかねぇ   
こんばんは。
慢性腎不全のにゃんこのことでご相談したちかです。

うちのにゃんこ、くうちゃんの主治医は大阪府大の出身の先生です。
住まいは大阪市内南側ですが、今日輸液を取りに行き、
しばらくぶりにじっくりお話しいたしました。
その時に、りんくうタウンに大阪府大のキャンバスが新しく出来ましたね、という話になり、
たまたま「扁平上皮癌」になるにゃんこも多いんですねと話の流れがそっちへ行きました。
そうしたら、先生が
「あそこは放射線治療が7月1日から出来るようになったんですよ。」といわれたのです。

ある方のブログで、治療法は(延命でしょうが)放射線治療と書かれていて、
しかもその治療器を備えた病院が少ないとかかれてありました。
時に関東地方は需要も多く、備えた病院もあるでしょうが
関西地方はまだまだだと思います。
ここは飛込みでは受信不可能でしょうが、
かかりつけのお医者さんの紹介があれば出来るのではないでしょうか。
私もブログを持っていますが、こちらのほうが訪問される方が多いので書き込みしました。

場所は「大阪府大 獣医臨床センター」で検索されればすぐ出てまいります。
余計なおせっかいかもしれないのですが、
うちのこが慢性腎不全になってあちこちを調べ、不安や、さまざまな情報でとても大変な思いをしました。
少しでもしんどい飼い主さんのお役に立てばと思い、書きました。

読まれた方は決してそこがいいと申し上げているのではなく、選択肢の一つとしての情報と思ってください。
moomamaさん、不適切な情報でしたら、
即刻削除してくださいね。
Date: 2009/07/10/20:16:31   [9724]

Re:情報のひとつとして
moomama  
ちかねぇさん 情報ありがとうございます。
大阪、病院事情が難しいらしく相談、質問も多いところです。
参考にさせて頂きますね。
削除するなんてとんでもない 検索にかかるように残させて頂きます。

それにくうちゃんの主治医の動物病院は自宅輸液をさせてくださるのですね。
そちらも何かの際には質問させてくださいね。
Date: 2009/07/10/22:42:14   [9726]

Re:情報のひとつとして
ちかねぇ   
moomama 様

はい、くうちゃんの主治医の先生は
大阪市住吉区で開業されています。
私だけでなく他の方で自宅輸液されている方が居られます。
私は医院に10日間ほど通い、3回目か、4回目の輸液で
「はい」と針を渡され、教えていただきながらできるようになりました。

輸液はソルラクトと針と手作りの消毒綿の一式がとても安いです。
(針と綿花は無料扱いです)
先生いわく、「こんなんで高くしたら動物がかわいそうやろ。」
「この子達はこれが無かったら命にかかわるんやから」と常に言われています。

こちらの情報もいるのでしたらどうぞ遠慮なくお尋ねください。
Date: 2009/07/10/23:03:10   [9727]

Re:情報のひとつとして
ミャンミャン  
ちかねぇさん

初めまして。

放射線情報ありがとうございます。
同じ大阪ということで心強いです。

ところで少しお伺いしたいのですが、府大に入った放射線はメガボルテージでしょうか?
それともオルソボルテージでしょうか?
それと担当の先生のお名前がわかれば嬉しいのですが。
Date: 2009/07/11/00:07:08   [9728]

Re:情報のひとつとして
ミャンミャン  
連投ですいません。

ちょっと補足します。
府大にはいままでオルソがあったと思います。ということは今回新たに入った放射線はメガボルテージだと嬉しいのですが、そのあたり情報はありますでしょうか?

それと↑で書いた担当の先生というのは府大で放射線を担当される教授の先生のことです。お名前がわかればうれしいのですが。
Date: 2009/07/11/00:24:30   [9729]

Re:情報のひとつとして
ちかねぇ   
ミャンミャンさま

おはようございます。

>放射線はメガボルテージでしょうか?
>それともオルソボルテージでしょうか?
>それと担当の先生のお名前がわかれば嬉しいのですが

朝から住吉のかかりつけの先生に電話して聞きましたが、
電話口で「うわぁ!」と絶句されました。
素人の私たちがこんな質問をしてくるなんて思われなかったんでしょ(笑)
「もし放射線が必要なら、あそこに頼めるわぁ…と思っていたからなぁ」ですって。
結果はどちらかわかりません。
また、担当の先生も分野が非常に細分されていて、わからないそうです。

ただ、紹介でなくても予約で受診可能だそうなので電話番号を記しておきます。
直接お尋ねくださいね。

大阪府大獣医臨床センター
072-463-5082
りんくうタウン内にあります。
月→金
9:00〜12:00
1:00〜17:00
必ず電話予約して下さいとのこと。
距離も時間もお金もかかるでしょう。
どうぞ、お調べになってから行ってくださいね。

こんなところでよかったですか。

Date: 2009/07/11/09:30:04   [9730]

Re:情報のひとつとして
ミャンミャン  
ちかねぇさん

こんばんわ。

朝から先生に聞いていただいてありがとうございますm(__)m
おまけに先生を絶句させちゃってすみませんm(__)m

メガかオルソかによって使える事が変わってしまうので、気になって質問してしまいました。

病院の電話番号を貼っていただいたので確認して見ますね。

本当にありがとうございましたm(__)m
Date: 2009/07/11/20:17:21   [9731]



好塩基球
mimi   
こちらで聞いていいのか分からないのですが、知り合いのネコさんが体調を崩しています。
3年前に好酸球増多症の他に脂肪肝と膵炎(膵炎は疑い)を併発したそうですが、その後は元気でいたそうです。
今年3月に血液検査をしたところ、好塩基球が500を超えましたが、その時もいつもの治療で回復しました。
ところが先週水曜に毛玉の嘔吐があり、一日様子をみても回復しないので病院へ行き、いつもの皮下補液よりも静脈点滴のほうが良いだろうという医師の判断で半日預けたところ、夕方聞いた検査結果は好塩基球が前回の2倍以上の1200を超えていたそうです。
好塩基球が上昇傾向にあるので膵炎の検査の為に残りの血液を外注に出し結果は後日分かるそうですが、どなたか好塩基球についてご存知の方いらっしゃいますか?
私もちょっと調べてみたんですが、あまりよくわからなくて…
ちなみにそのネコさん、静脈点滴に2日通って今は食欲も回復傾向にあるそうです。

スレ違いだったらすいません!
Date: 2009/07/07/05:07:54   [9718]

Re:好塩基球
moomama  
ネコさん心配ですね、でも危機を脱してきた感じなのでしょうか。
食欲が戻ってきたことは良かったですね。

好塩基球は、白血球の中の顆粒球 の成り立ちとなる
(1)好中球
(2)好酸球
(3)好塩基球
のうちのひとつだということで、白血球全体の数がまず先にあって、そのうちどのぐらいを占めるか(%)という見方をするものだと思います。つまり母体(分母)が大きければ、それぞれも数が増えます。
その点、この猫さんがどうなのかが分かりませんが、500から1200という増加は尋常ではなく、白血球内でこれだけが大増殖しているのでしょうか。
白血球が絡んでくる病気は、あまり良い話がありませんので、うちでもこれ関連の数値はどんよりです。(うちの場合は好酸球が多くて、アレルギーはもちろん、おそらく検索でご覧になったような病気の不安は常です)
今回の病気の診断に好塩基球がどう絡むのかは素人では皆目見当がつきません。

ただ 同じような症状を繰り返しているということから
具合が悪くない時でも定期的な検査で数値を追うことが、緊急時の診断の一助となるであろうということ、その必要性を認識することが大事だと思います。

また1点だけ 膵炎の疑いとありますが(膵炎は確定診断が難しいのでだいたいが疑いなのです)
実は先週末、昨年私が保護していまは新しい家族と暮らしている11か月の男の子が、急な嘔吐、食欲不振、脱水で膵炎の疑いと診断され(今は急激に回復しました)、血液検査の結果はてんでバラバラのびっくりするような数値でした。
その今の飼い主さんからの相談で数度お電話でお話するうちに、ちょっとした冗談めいた一言から、おそらく百合中毒ではなかったと思われるところにぶち当たったのです。
身体をよく調べてもらうと 肉球まわりはもちろん、腹部にも黄色い花粉の跡なども見つかりました。
診断、治療の際には百合は話題には上がっていません。

膵炎様の症状を知らずに引き起こしてしまうような、毒物(花、観葉植物、薬剤、アロマ、などなどいっぱい危険はあります)がひょっとして家庭内に潜んでいないかの再点検も大事だと思います。
内蔵そのものが主原因にしても、それを誘発するようなことにもなりかねないですしね。
それとひょっとして美食家の大きな猫さんなのでしょうか? メタボにも注意ですよね。

回答になってなくてごめんなさい。
Date: 2009/07/07/13:02:00   [9719]

Re:好塩基球
mimi   
moomamaさん
お返事ありがとうございます。

今回は白血球も好酸球も平常値内で好塩基球だけが突出しているようです。

好塩基球増多症が検索で引っかかるには引っかかるんですが、詳しい症状はのってなくて…。慢性炎症やホルモン性疾患でも数値が上がるし、クッシング症候群も稀に疑われるそうですが、今回の症状には当てはまらないような気がするし…
何か病気が潜んでいるのは分かっていても、それが何か分からない状態は精神的にキツイですね。

飼い主さん、先ほど先生とお話をしたようで、とりあえず少しづつ食欲が戻っているので来週の膵炎の結果を見てから他の検査をする事になりそうです。

アガサちゃんというカワイイ黒猫の女の子なのですが、色々な病気を抱えている子なので、どうか今回良い結果にと願っています。
百合中毒ってそんなことがあるんですね!家庭内再点検のことも含め、アドバイス頂いたことを早速伝えてみます。
いつもいつもありがとうございます。
Date: 2009/07/07/13:42:03   [9720]

Re:好塩基球
moomama  
>何か病気が潜んでいるのは分かっていても、それが何か分からない状態は精神的にキツイですね

本当にそうなんです。きついです。
自己免疫疾患というとほんとうに幅が広くて、アーちゃんもいろいろ病気を持っているようですが、今は大丈夫でも今後出現の可能性のあるものもいろいろだったり…
外科的病気と違って、完治というゴールが無いように思いますが、山あり谷ありでも上手に付き合っていけたらとそう思うしかないと、ちょっと開き直っている私です。
アガサちゃんのご家族のみなさんも不安でしょうし大変でしょうが、先生とよいタッグを組んで、好塩基球さんと友好条約が結べますように祈っています。
うちも好酸球さんと和平交渉根気よく続けていきますので。どかよろしくお伝えください。
Date: 2009/07/07/18:34:58   [9721]

Re:好塩基球
mimi   
moomamaさん
病院から連絡があり膵炎の結果が出たそうです。
結果は膵炎は大丈夫との事でした。
3.5以上なら可能性ありだそうですがアガサちゃんは3.0だったそうで、院長先生と相談の上、来週の体調の良い時にもう一度血液検査をして好塩基球の数値を見ることなったというお話でした。
食欲もだいぶ戻っているようなので、体調の良い時の数値が下がっていれば少し安心できるのですが。
これからまだまだ長いお付き合いになりそうな好塩基さんですが、上手く友好条約が結べるように根気強く応援してみます。moomamaさんの和平交渉が成立することをお祈りしてますね!
Date: 2009/07/08/03:11:45   [9722]

Re:好塩基球
mimi   
moomamaさん
アガサちゃん、すっかり復調してきたようで、食べられなかった数日分を取り戻すような食欲で、ドライも食べるようになったので、少し安心しています。

6年前に好酸球増多症が発症した時も原因がわかるまで4か月掛かったそうで、今回も原因不明で凹んいたようですが、
moomamaさんからの応援メッセージで「他にも頑張っている子がいるのだから頑張らなくちゃ」と思えるようになったそうです。
心強い応援、ありがとうございました。
Date: 2009/07/10/12:01:48   [9723]

Re:好塩基球
moomama  
嬉しいお知らせありがとうございます。

この先 歳を重ねていけば 原因が究明できないことなど 山ほど〜 になりますから
まずは目の前に起きていることに的確な対処ができればそれで良しと。
それから原因がわかれば繰り返さないように日々出来ることが見つかるかもしれないので もっと良し、ですよね。
あちらを立てればこちらが立たずで、原因が分かっていても何もできないことだってあります。
きっとアガサちゃん強運の持ち主、凹まず頑張りましょ ってお伝えください(*^_^*)
Date: 2009/07/10/22:33:19   [9725]



ありがとうございます
mimi   
先日、こちらの皆さんにアドバイス頂いたダーリンくんです。シャンプーハットの手作りカラーを嫌がらずにつけてくれたそうです。

ねこじるさん。
大人用では大きすぎるみたいで子ども用をつけています。首の間に挟むティッシュのことも伝えました。ありがとうございました!

脱水があるので点滴を受けに行っていますが自宅ではシリンジから好物の牛肉ゴハンを食べてくれるそうです。顎のただれも薬で治ってきているようでちょっと安心です。
まだまだ厳しい状態が続くと思いますが、こちらでアドバイス頂いたこと本当に感謝です!ありがとうございました。
Date: 2009/06/26/17:06:50   [9701]

りりしい ダーリン君
ねこじる  
ダーリン君、凛々しい姿♪お写真ありがとうございます。

顎のただれも治ってきている事、良かったですね^^
シャンプーハット気に入ってくれて嬉しいです。

一つ疑問に思った事が・・・
首に隙間を作っているのは、フィットさせると嫌がっちゃうからでしょうか。
ユルユルだと、擦れちゃわないかなと思いまして。あとはヨダレが体の方へ流れていかないでしょうか・・・。

クマは手でカラーをクルクルと回してしまって、脳天にヨダレが着いてたりしたんですよ(笑 
Date: 2009/06/26/23:33:28   [9703]

Re:ありがとうございます
mimi   
ねこじるさん
飼い主さんはわざと首をゆったりさせて余裕をもたせたそうなんですが、やはり皮膚の擦れが気になるのでもう一度聞いてみますね!心配してくださってありがとうございます。

脳天ヨダレはアララですが、カラーを手でクルクルするクマちゃんを想像するとメチャメチャ可愛いですよ笑
Date: 2009/06/27/06:54:52   [9704]

Re:ありがとうございます
ニャンママ   
頑張るダーリンくんですね♪

カラーにティッシュをはさんでいるのは、よだれや出血の血をを受けるためかしら?

私はたまたま看護師の猫友さんがいたので、病院で廃棄になったガーゼをもらってそれをはさんでいたんですけど、ティッシュよりガーゼの方がボロボロになりませんよ。
ちょっとお金がかかっちゃうけど、楽天でも束で購入できます。
ちなみに・・・
http://item.rakuten.co.jp/kenkocom/x287010h/
こんなのとか・・・

不織布ガーゼはお安いけど、お勧めできません。
私が買って失敗した(>_<)
ちょっと固いんですよ。
Date: 2009/06/27/12:54:36   [9705]

Re:ありがとうございます
mimi   
ニャンママさん
カラーのティッシュは膿受けという感じだと思います。
アドバイス頂いたガーゼのこと早速伝えました!ありがとうございます。

ダーリンくん、体重2キロだったのが2.8キロと増えたそうで、とりあえず3キロまで回復するぞ〜!と飼い主さん張り切っています。
Date: 2009/06/27/19:15:11   [9706]

Re:ありがとうございます
moomama  
介護用品 それも消耗品とはいえ使い勝手はずいぶんちがいますよね。
近所でなかなか手に入らないもの、送料かけてもネットで購入してました。
お気に入りが廃番になったりすると、がっかりですよね。

mimiさん 飼い主さんに 良い時間が過ごせませすように祈っていますとお伝えください。
ダーリンくん 誇らしげなお顔ですね。

↓のスレッドですが中途になってしまっていてごめんなさい。
いま少々バタバタしてて、、、 また続きコメントしますので。
Date: 2009/06/28/14:06:43   [9707]

サークルの件
ニャンママ   
mimiさん

前にサークルのことを書いたんですが、そのときどこで見たんだかわからなくなって・・・
で、やっと見つけたので、ブログ主さんに連絡して画像をお借りしてきました。

100円ショップのダ○ソーで、1枚200円のワイヤーネットと、連結ジョイント(12個入りで100円)で作ったそうです!
横140センチ、奥行き80センチ
人間用のベッドパットの上にバスタオルを敷いてその上にペットシーツを敷き詰めたそうです。

他のニャンコが入ってもゆとりの大きさ!
お水は、こぼれないように金網にセットしてあるそうですよ。

ちなみに、この方のブログのこの記事は
http://nekonyan1005.blog75.fc2.com/blog-entry-1459.html
ねこキックさんです!
Date: 2009/07/01/12:32:28   [9708]

Re:ありがとうございます
mimi   
ニャンママさん。
わざわざお写真探して下さってありがとうございます!ペットサークルってこんなに広いんですね〜自作も簡単に出来るし。早速飼い主さんに伝えますね。
先週教えて頂いたレシピも作ってくれているようで、ビタミン剤も取り寄せたとおっしゃってました。飼い主さん自身5月6月初旬と比べ少し気持ちが落ちついてきたようで、ダーリンくんと毎日二人で楽しみながら一日一日を大切に送りたいとおっしゃっているので、本当に少しでも長く穏やかな時を過ごせたらいいなと思っています。
Date: 2009/07/01/15:42:42   [9709]

Re:ありがとうございます
mimi   
ダーリン君、今日、顎の腫瘍が自壊してしまい膿の量がすごくてガーゼでは対応しきれずペットシーツをカラーに巻きつけている状態です。一応生理用ナプキン(多い日用)を薦めてみましたが気休めかもしれませんね…。
病院に行って消毒して、お薬を貰って帰宅したようですが先生に、もう治療は何もできないけれど、もっと早くに手術をしてあげたかったと言われたそうで、今回の先生は本当に親身になって下さる方みたいで、今の先生に最初に巡り合っていたらと飼い主さん複雑みたいです。
自壊した部位の消毒、汚れたところの洗浄以外に家で何か出来ることはあるでしょうか?ダーリンくん、網戸を破ったり浴室に入りたがるようで、謎の行動に飼い主さん混乱しています。
Date: 2009/07/02/19:47:27   [9710]

Re:ありがとうございます
ニャンママ   
ダーリンくん、そんなに膿が・・・(ノ_-。)
今、玲くんがまだ自分で食べれて、動き回れていた頃を思い出していたのですが・・・
なんせ季節が今とは真逆なのでどの程度当てはまるか?なんですが、医師から言われていたのは、傷口は乾燥させる。でも、室内は乾燥させない・・・
冬場の乾燥シーズンでしたから。
でも、今は多すぎるくらいの湿度。
湿度が多いと、菌は増殖するはずです。
感染症が心配になりますよね。
浴室などの湿気の多い場所は、立ち入り禁止にしたほうがいいと思います。
それから、ダーリンくんがよくいる場所や、寝る場所のファブリック系はこまめに洗濯・消毒をするとか・・・?
玲くんは、まだ食べれていた頃でも、どっちかって言うと寝ていることが多かったので、フリースをしこたま買い込んで、ペットベッド全てにフリースでシーツにしていました。
で、それを毎日洗濯・消毒していました。

なぞの行動は、なかったからごめんなさいm(__)m
Date: 2009/07/02/21:39:59   [9711]

Re:ありがとうございます
ねこじる  
ダーリン君、良い先生に診てもらえてよかったですね。ママさんもホッとされている事でしょう。

膿が多くでてしまってるのですね。
私も介護の時期が10月〜12月と冬でした。
先生から言われた事もニャンママさんと同じです。
とにかく清潔にせねば!汚れたら取り替える。
血膿がひどい時は洗浄ビンで1時間〜2時間おきに洗っていたと思います。
(先生に触り過ぎと注意されましたが^^;)

抗生物質を投与していましたが、腎臓に配慮した優しめのものしか使えず・・・。
WBCの数値は3万近くありました。

謎の行動ですが・・・方向が分からない事はありましたが・・。
御役に立てなくてごめんなさい。

動き回るようでしたら、サークルが良いのかなと思います。

Date: 2009/07/02/23:32:34   [9712]

Re:ありがとうございます
mimi   
ニャンママさん、ねこじるさん
アドバイスありがとうございます。

ダーリンくん、鶏肉ゴハンも喜んで食べてくれたので少し安心していたのですが、腫瘍の大きさがハンパなくて、喉の奥にもできているので舌も動かせなくて可哀想です。
手術が無理なのはわかっていますが、あの大きな腫瘍を取り除けたらどんなに楽だろうと…。
教えて頂いたこと伝えますね。
私も謎の行動の意味がわからなくて、飼い主さんは「病気のストレスでウチから逃げ出したくなったんじゃ?」って落ち込んでしまって…でもそんなこと絶対ないと思ってます。
Date: 2009/07/03/10:11:12   [9713]

Re:ありがとうございます
ねこじる  
謎の行動でちょっと気になった事が。
ダーリン君、痛み止めは何を使ってるのでしょうか。

クマはフェンタニールパッチ(麻薬)という毛を剃って肌に直接貼るタイプの鎮痛剤を使っていました。
最初に貼った時、強すぎてハイになったんですよ。
目を見開いて、早い足取りで歩き回る。
布団の間に潜り込み(好きな場所)グイグイと突き進み、向こう側へ突き抜ける。
どこにそんな力があるの?と思うぐらいでした。
症状を先生に話して、効きすぎは良くないからと小さめなパッチにした後は、ここまでの激しい反応は無かったんです。

去年の11月の時点で改良されたパッチが発売されたと聞いていますから。これでは無いですよね。と思いつつ、何かのヒントになればと思いコメントしております。
Date: 2009/07/03/14:09:06   [9714]

Re:ありがとうございます
mimi   
ねこじるさん
ダーリンくん、夜中に網戸を破って外に出てしまい、道路を挟んだ向かい側の道をヨロヨロ歩いているところを娘さんが見つけ保護したそうです。車の多い交差点が近くにあるそうなので事故に遭わなくて本当によかったです。ホームセンターで網戸に取り付ける柵を購入したそうなのでもう大丈夫だと思いますが、昨日からトイレじゃない場所(じゅうたんやマットの上)でウンチをしてしまったり、怖がりで今まで一度も外に出たことがないのに突然脱走してしまったりと飼い主さんも困惑してしまい精神的にも肉体的にもかなり疲れているようです。
お薬のこと早速聞いてみます。ありがとうございます!あとこれは考えたくないですが腫瘍が脳のほうにいってるのかなと少し思っています…。
Date: 2009/07/03/19:17:43   [9715]

Re:ありがとうございます
ニャンママ   
mimiさん

ねこじるさんの書き込みをみて、思い出したのですが・・・

最近、お薬が変ったなんてことはないかしら?

癌の玲くんのことではないいですが、心筋症と言われたうちの長男が最初に出た薬で、副作用と思われることがありました。
異常行動とまではいかなかったけど、薬を飲んだ後、徘徊しながら泣き続けていたんですよ。
その薬をやめた途端に、ピタっとおさまりました。

脳への転移・・・
終盤、私も先生に聞いたことがあります。
どんな症状がでるのかと。
一番多いのは、発作と言われました。
異常行動のことは、何も言ってなかったけど、どうなんでしょう?
ごめんなさい。わかりませんm(__)m
Date: 2009/07/03/23:17:19   [9716]

Re:ありがとうございます
mimi   
ニャンママさん
今まだ飼い主さんと連絡が取れないのでお薬のこと聞いてないんですが、連絡がつき次第聞いてみます。

ニャンママさんもねこじるさんも薬の副作用の経験あるんですね。私はそういう経験がなくて、お2人にアドバイスもらえて良かったです。

脳への転移は私もよくわからないんですが、輸血を断られた3つ目の病院で転移を疑わせるようなことを言われたので、もしかして?と思いました。もうこれ以上何も起こって欲しくないですが…。

私がオタオタしてもしょうがないんですが、こちらに伺うとほっとします・汗
ダーリンくんの飼い主さんと連絡が取れたら教えて頂いたこと話してみますね。いつもアドバイスありがとうございます。
Date: 2009/07/04/13:35:47   [9717]



皮下輸液のこと
ちかねぇ   
17歳になる「くう」というメス猫が
慢性腎不全と診断されました。
ソルラクトを1週間に1本皮下輸液(毎日大体80ccから100ccの間)しています。

ぜんぜんくうが太れないので背中の皮を持ち上げてもうまく針を刺せず、
最近失敗することが多くて、落ち込んでいます。
痛くてもちゃんと入ってくれればいいんですが、
痛いわ、中止だわとなると可哀想で…。
皆さんは失敗したときは「今日は中止!」と諦めていましたか?
一度に4本の針を無駄にして中止したことがありますが、
今朝は私が不調で二度で中止しました。
一日くらいは輸液があいても大丈夫ですよね。
そのあたりが心配で、ここに書き込みしました。
良いアドバイスがあれば、教えてください。

これから出勤ですので、夜になれないと見れません。
レスが遅くなってもお許しください。
Date: 2009/06/17/08:11:52   [9654]

Re:皮下輸液のこと
riel  
はじめまして。
自宅での輸液とのことですが、やっぱり通院は大変でしょうか??
私もいずれはそうなると思うのですが、週に一回くらいだと病院でお願いするのもありかなと思ったり、、、
最初だけ二週間に一回は病院に行って、その際に刺し方なんかアドバイスいただくというのではだめですか?
私は経済的に余裕が無い上、車が無いので交通費もすごくかかる(バスだとストレスがたまるらしく、スーが具合が悪くなるんです)ので、自宅輸液を考えたのですが、飼い主さんを見ると逃げるようになってしまう猫さんもいるし、できれば病院で、と先生に言われて週一回通院しています。

私の場合、先生は一週間〜10日とおっしゃっていたので、そんなに厳密に考えなくても良いみたいでした。
多分輸液を分けてくださる先生がいらっしゃると思うのですが、そのあたりを含めて相談なさってみても良いかもと思いました。
最初のうちは一日何グラム最低でも食べさせなくては、とかうんちが何日たまったら危ないとか、すごく神経質になっていました。
でもほんとにそうしないとまずいのか、そこまでピリピリしないといけないのかは猫さんの状態によって全然違うんだってわかったのはここで相談してアドバイスをいただいてからです^^;

本音を言えば、輸液だけなら自宅で済めば、私もスーもどんなに楽だろうと思います。
なので私のアドバイスはどうしてもだめだったときに、、、と思って下さい。
ほかの方からたくさん役立つアドバイスも頂けると思うので、ちかねぇさんが自宅輸液がすんなりできるようになることを祈ってます。
Date: 2009/06/17/13:34:50   [9655]

Re:皮下輸液のこと
雨@blogpw:pekechoro  
ちかねぇさん、初めまして。

私は、3回穿刺失敗(穿刺した後針が外れる、液が漏れるなどの失敗も含む)したら、その日はやめています。普段輸液は、「らくちんになるよ〜。うんこやらかくなるよ〜。(うちのペケペケ、超便秘なもので。^^;) アナタもらくちん、ワタシもらくちん♪」という気持ちでやっていますが、気持ちに余裕がなかったりへこみ倒していたりで「輸液はステキ♪」という気持ちにどうしてもなれないときは、サボったりもします。

もちろんネコさんの状態のよる、というのは大前提ですが、毎日の輸液を1日休んでも、例えば週に2回の輸液を1回休んでしまうより負担は少ないような気がします。

自宅輸液をもうずーーいぶん長いことやっていますが、好調・不調の波、あります。
「もうワタクシ、ブラックジャックです。」みたいに毎日穿刺楽勝、痛点にさわることも血が出ることもなく、当然液漏れなんて、なんのこと?くらいにうまくいく時期があると思えば、刺すとこ刺すとこネコさん痛い、針外れる液もれる、流血する、なんていう時期も。

不調の時は、ネットでいろんな方の輸液の様子やアドバイスを復習させていただいたり、財前教授のようにイメトレしたりしますが、前回不調の際、一番直接的に効果が高かったのは、久しぶりにプロ(獣医)の穿刺を間近に見せていただいたことでした。
それで、ずーっと自己流でやってきた穿刺方法を変えて、またうまく行きだしました。

うまく穿刺ができないことを病院で相談してみるのもいいかもしれませんよね。再度アドバイスしてもらうことでうまく穿刺できるようになった飼い主さんのお話も読んだことがあります。
やせているネコさんの穿刺のコツとか聞き出せるかも。

穿刺の場所もみなさんまちまちで、肩甲骨のあたりが一般的らしいですが、やせていると刺しづらい場所とかやせていても刺しやすい場所とかもあるような気がします。

うちは、吸収が悪いという理由で肩甲骨あたりにするのはやめて、腰の辺りで入れています。首周辺より痛点は多いらしいので、刺した瞬間だけ「に゛ゃっ!」ということもありますが、ま、それはそれ…。^^;

…なんてことを言うようなすっとこおかまいなし飼い主が長々と書いてしまいましたが、自宅輸液仲間のみなさんが、輸液はステキ♪な気持ちで輸液ができること、みなさんのネコさんが輸液でらくちんライフをのんびりゆったり過ごしてくれることをせいいっぱい応援しております。



moomama〜、またクッキー消えてた〜。(笑)
Date: 2009/06/17/15:31:58   [9656]

Re:皮下輸液のこと
るぅ  
初めまして るぅと申します。

最近まで自宅輸液してました。
その子の前に点滴に通っていた子が脱水がひどくてぴったり肌が張り付いてしまった事がありました。
その時は獣医さんでの輸液だったのですが
それでも大変そうでした。

くうちゃん脱水ひどくないですか?
ひどいようなら少しの間通院して獣医さんで輸液をして貰って状態を改善してみてはどうでしょう?

雨@blogpw:pekechoroさんも言っておられる様にその時に獣医さんの刺し方をじっくり勉強しなおすのもいいと思います。

獣医さんの指導を受けながら自分で刺してたり。。

1回80〜100mlの輸液なら1回位出来なくても大丈夫と思います。
その前がちゃんと入っているのだから。

出来ない。。うまくいかない。。と悩むより獣医さんに相談してみましょう。

きっと、ちかねぇさんの気持も楽になりますよ^^
あせらないで♪
Date: 2009/06/17/22:36:12   [9658]

Re:皮下輸液のこと
ちかねぇ   
rielさん、コメントありがとうございました。
自宅輸液になるまで、ほぼ毎日病院に通い、
先生の前で針を刺していました。
間違えそうになると、「あぁ〜だめだめ、こっちよ」などと言ってもらい
ずいぶん気が楽だったのですが…。
4回失敗した時はさすがに病院に行き、事情を話して先生に輸液を入れていただきました。
ただ、うちの子はすごくビビリンチョで、
病院通いが結構ストレスになる様子です。
ですから、自宅での輸液がいいのですが、
一度先生に相談してみます。
本当にありがとうございました。
Date: 2009/06/17/23:54:24   [9660]

Re:皮下輸液のこと
moomama  
ちかねぇさん パンパンに頑張ってるんですね。
私は自宅輸液の経験が無いので どれだけ緊張を強いられているのか 想像でしかないのですが
初めて飼い主が自分で猫に輸液するムービーを見た時には しばらくネット落ちしちゃうほどショックだった(自分にできるだろうかと)ことを思い出してみると いかばかりかとお察しいたします。

具体的なアドバイスは 経験豊富なみなさんが書いてくださっているので 私は行間から感じたことだけを
>今朝は私が不調で二度で中止しました。
いつも輸液タイムは朝の出勤前なんでしょうか?
お出かけ前で気持ちが焦ったりはしてませんか?
時間に余裕が持てる時の方が 歌を歌いながらとか^^ 1度失敗してもインターバルを長めに取れるとかはないかなぁ なんて。。
狭い駐車場への駐車も一度何か失敗してハンドル切り損ねると にっちもさっちもいかなくて やってることがますますドツボにハマって、、、のような。
一度戻って入射角をやり直したらすんなり なんてこともありますよね(^^ゞ
たとえが変ですけど。

それと介護には アバウトで大丈夫なこととキッチリしていた方が良いこととあると思います。
1週間で1パック、というくくりで考えればよいとすれば 雨ちゃん流でも私もゼンゼンオッケではないかと。
あ〜 ヤメヤメ 今日は輸液は止めだ〜 って決めた日は スープご飯にするとか、お口から輸液に近い成分のもの(サピオン http://item.rakuten.co.jp/petcenter/18003/ ご存知ですか?)をチュっと強制給水してあげるとか。
ブドウ糖も入っていて電解質に近い成分のものならサピオン水に限らず、いくつかあります。
皮下にいれるのも大事ですが お口から摂るのももっと大事。トータルでオーライではないかと思ったり。
ちなみにこのサピオン水、濃さを変えて使えるので 猫さんさほど嫌がらないと思います。
いま手元にないので送ってあげられないですが、一応ご紹介まで。
ちかねぇさんの緊張はきっと猫さんにも伝わっているのではと思います。
ごめんね、ごめんねって気持ちもきっと強いのだと思います。
介護を楽しむなんて余裕も無いですよね。
でもね二人は運命共同体。失敗しても許してくれてますよ。

私信 rielさん まだメールできてなくてごめんなさい。

私信2 雨ちゃん あのぅ(/_;) たぶん私からのメール届いてないよね?
あ、いや私もね春にいろんな事が続いて 未着だろうなとは思ったんだけど放置しました。ごめんなさい。
19歳おめでとう〜
Date: 2009/06/18/01:01:48   [9666]

Re:皮下輸液のこと
ちかねぇ   
雨@blogpw:pekechoro 様

昨夜は妙な時間に薬を服用したので耐え切れず就寝してしまい、
コメントを頂いたのに返事できませんでした。

私も自分でこれだけ失敗したら今日は止めってルールを作ってみます。
皆さんも結構失敗されているんですね。
ちょっとほっとしました(笑)
それに5日/週なら一日入れなくても、負担は少ないんじゃないですかって言ってもらえて、
少し肩の荷が下りました。
いつかは輸液は素敵♪って気持ちになれるよう、「くうさんも楽チンでしょ」とのんびり構えてみます。
ありがとうございました。
Date: 2009/06/18/06:17:27   [9669]

Re:皮下輸液のこと
ちかねぇ   
るぅさん

コメントありがとうございます。
一応皮膚が持ち上がるので、あまり脱水がひどいとは思えないんですが、
くうさんが初めての飼い猫で、だから何もかもはじめてなんです。
一度、先生のところに連れて行って診てもらってきます。
なにぶん自宅で輸液をやるようになり、しばらく病院いってません。
ありがとうございました。
Date: 2009/06/18/06:24:32   [9670]

Re:皮下輸液のこと
ちかねぇ   
moomama様

おっしゃるとおり、自分に余裕が無いことに気付いています。
百貨店勤務なので、早出、遅出のシフトが極端です。
それでも皮下輸液には30分の時間をとっているのですが、きっとあせってしまうんでしょう。

うちのくうさんは偏食で、病気のため食も細くなり、
腎臓サポートとキドニーケアのカリカリにやっと落ち着いてくれました。
サビオンのことははじめて知ったので、ちょっと調べてみます。
>でもね二人は運命共同体。失敗しても許してくれてますよ。

はい、そう思ってゆるゆると頑張ってみます。
ありがとうございました。

Date: 2009/06/18/07:01:59   [9671]

Re:皮下輸液のこと
雨@blogpw:pekechoro  
またまた出てきてしまいます。(*^^)v

「不調の時は、ネットでいろんな方の輸液の様子やアドバイスを復習させていただいたり」と書きましたが、もしかしたらお忙しくてあちこち検索するのも大変かも、とちょっとおせっかいかと思いつつ、いつも私がお邪魔しているサイトをご紹介に上がりました。

もうとっくにご存知のことばかりかもしれませんが、そこはスルーしてくださいませ。<(_ _)>

老猫会姉妹サイト「ぎゃおす王国」の王様館は、総合的にすばらしくまとめていらっしゃいます。
http://www.gyaos-kingdom.com/info_fra.html
左フレームの「自宅でのケア」のところに皮下輸液のページがあります。
ペケペケも登場させていただいています。

同じくぎゃおす王国の皮下輸液のページに登場しているししどさんのB麦さんのブログに、やせているネコさんの穿刺についてものすごくわかりやすい記事があります。ほかにも参考になることがあるかもしれないので、皮下輸液のカテゴリのリンクをご紹介しますね。
http://undei.seesaa.net/category/1753951-1.html

穿刺の記事はこちら。
http://undei.seesaa.net/article/21821573.html

ほかにもたくさんたくさんあるとは思いますが、とにかくコンパクトでピンポイントなところを書いてみました。

最後に不肖ワタクシのブログの輸液テクカテゴリも宣伝。^^;
http://regeneurope.blog63.fc2.com/blog-category-24.html
パスワードをかけているので、パスワード入力画面でpekechoroと入力してくださいませ。めんどくさいことしててすみません。

くうさん、療法食食べてくれるんですね。なんてえらいコちゃん。
お水の工夫もいろいろ、ちかねぇさんとくうさんのベストコンビでできるだけ楽しくて体がらくちんな方法を見つけられるよう、心から応援しています。
ちかねぇさんとくうさんがらくちんでゆったりした時間を少しでもたくさん過ごすことが一番大切。返信しなくちゃとか、気にしないでくださいませね。


moomama、
めっ、メールーーーっ?!
わーん、届いてないよ〜っ。(TOT) gmailの方でもダメだったのかな。しくしくしく。

moomamaも相変わらず、ムリしちゃダメよ〜。お願いよ〜。
お祝いありがとう!!!
Date: 2009/06/18/17:55:39   [9679]

Re:皮下輸液のこと
ちかねぇ   
雨@blogpw:pekechoro 様

本当にご親切にありがとうございます。
くうが慢性腎不全と診断された時先生に
「このままうまくいけばあと二年くらい大丈夫ですよね」といいました。
だってそうしたら19歳、もう寿命って諦められますもの。
そうしたら先生が「飼い主さんは皆そう言うんですよね」って。
そのニュアンスで、くうの残り時間が限られているんだと察しました。
それが4月13日のこと、あれからどれだけNETで検索したことか。
ですから、ギャオスさんとこもししどくんのいるB麦さんのところもお邪魔しました。
私が今自宅で穿刺が出来るのも主治医といろんな方のHPの記事のおかげと思っています。
実は雨さんのところも伺いたいと思い今朝クリックしたらパスワードが掛かっていたので、
残念だなぁと思っていました。
これから早速伺ってみます。
本当に、本当にありがとうございました。
そうそう、今朝は皆さんのアドバイスの下、ゆっくりと時間を穿刺をしました。
上手くいき、ほぼ100cc入りました。
Date: 2009/06/18/22:16:54   [9680]

Re:皮下輸液のこと
moomama  
>上手くいき、ほぼ100cc入りました。
良かったぁ(*^_^*) ちかねぇさん、やったね(*^^)v

先生はいつも最悪のことを言いますよね。
でも甘い言葉の大盤振る舞いよりもいいかもしれませんけど。
ひぴさんのところの情報もご覧になられているのなら たくさんのミラクルな猫さんも、低空飛行の維持が上手にできるケースが多いこともご覧になられてますよね。
あ、そうか だからこそ、穿刺が上手にできないことがくうちゃんの運命を左右してしまうって、より自分を責めたり焦ったり追い込んでしまったのかもしれませんね。
1週間に1パックのソルラクトですから 数値も油断ならぬステージなのでしょう。
お一人でいろいろフードも試されて苦労されたんでしょうか。
サピオン水など、ギャオスの王様館の栄養剤のところにも紹介あります。
キドナやリーナルケアなど くうちゃんの試食がまだでしたらお送りすることもできますのでご用命くださいね。
もっと早くにSOS出してたら きっと楽になったでしょうに(/_;) 

雨ちゃん リンク集 サンクス!
Gmailは日々新たな不調も登場中。呪われているのか しくしくしく。
いっそ毎日 送信ボと受信ボ公開しちゃうか・笑
でもGmailどうしってのはねえ、信じてるよねえ。
Date: 2009/06/19/02:17:11   [9686]

Re:皮下輸液のこと
moomama  
ちかねぇさん その後輸液はちょっとだけでも上向き でありますように。

少し遅れましたが 下記の様なアドバイスも頂戴しましたので掲載しておきますね。
目に留まると良いなぁ。
リコさんからです。

もも姫様の場合も、痩せて皮も薄く針を刺すのが難関なのですが、暴れない子で輸液のラインを使用ならば以下の方法で失敗もあまり無くなると思います。

※針は短めを使用。(長いと貫通しやすく、皮の薄い子は針の重みで抜けやすい)
※皮はあまりギュっと持ち上げず、3本指で軽く持ち上げる。
※針を刺す時は、角度をつけながら針先だけを最初刺して抜けないように押さえながら、そこで輸液を入れ始める。少し入るとぷくっり皮下が膨らんで空間が出来るので指で確かめて、膨らんだら根元まで刺す。(短い針のが根元までしっかり刺せ、抜けにくくなる)根元まで刺したら、輸液のスピードを上げても大丈夫。

ポイントは針の長さと、最初は先だけ少し刺す事だと思いました。
皮の薄い子なら、針を変えてみるのも良いのではないかと。
Date: 2009/06/24/12:20:20   [9698]

Re:皮下輸液のこと
ちかねぇ   
moomama 様

その後、ずっと読ませていただいております。。
膿やチューブの話題など、私よりもっと苦労された方が多い中、
気に掛けていただき恐縮です。
輸液はずっと順調に入れられています。
「3回まで」と見習ってルールを決めたことで気が楽になったのか、
失敗しても二回までですんでいますし、
輸液が落ちるスピードが遅くて60CC しかはいらなくても「ま、いいか。明日また」と思えるようになりました。

くうの体調はBUNが50.7、CREが3.5で、皆さんのように予断を許さない状態ではないです。
でもまったく寝耳に水のことだったので私が動揺してしまいました。
診断されたのが4月13日、その後輸液をはじめて状態がどうなのか気になって先生に「検査は?」と尋ねたら
「このこの負担になるから、ご飯食べてたらいいですよ」とのこと。
大阪で3軒目の先生ですが、あまり期待を持たさないけれど、経済状態も含めて良心的な良い先生に巡り会えたと感謝しています。
私自身がある程度この状態に慣れてきたのか、
ゆるゆるといこうと思えるようになりました。
食事も一応自分の口からしてくれていますしキドナなど必要になったときにはまたいろいろと教えてください。
再びご相談することもあるかと思います。
その時はよろしくお願いします。

また、もも姫様にもよろしくお伝えください。針は21G5×8を使用しています。
いったん入れてからちょっとだけ輸液ですね。試してみます。
重ね重ね、ありがとうございました。
Date: 2009/06/26/08:06:58   [9699]

Re:皮下輸液のこと
りな  
はじめまして ちかねぇ様

りなも昨年の9月から2ヶ月間 自宅で輸液をしてました。
最後の方はとても痩せてしまって、お医者さんにも「よく毎日してあげられますね」と言われました。

ちゃい君は、なんでも受け入れてくれる子だったのでお役に立てるか判りませんが、りなのしていた事をお話ししたいと思います。

ちゃい君の輸液は、毎朝出勤前にしてました。 
本を入れる収納箱?みたいなものが、ちゃい君の体にぴったりだったので入ってもらってました。
輸液はカーテンレールに掛けて、消毒綿、針の準備まで終った時点で、「これすると楽になるからねぇ、元気でるよぉ」と説明しながら、箱に入ってもらって、好きな体勢になってもらっていたので刺す場所はまちまちだったと思います。

いつもドキドキしていたので、針は根元までは入れていませんでした。
針を入れたら少しだけ輸液を流して、外に漏れてない事を確認したら、後は全開です。
終るまでの時間、10分位だったと思いますが、針を持ったまま話しかけてました。

くうちゃんとちかねぇ様が穏やかで幸せな毎日でありますように

Date: 2009/06/26/13:20:58   [9700]

Re:皮下輸液のこと
ちかねぇ   
りな様

メッセージありがとうございます。
ちゃい君の輸液のこと、いろいろと教えていただいて感謝です。

お一人でされていたのですね。
ちゃい君がすっぽり入る箱を利用されるなどよく工夫されていて、感心しました。
私は母が手伝ってくれるのでそっと抑えてもらっていて、
私が穿刺しています。
りなさんはもう大丈夫ですか。
私とくうのことを思って書いてくださってとても嬉しいです。
ありがとうございました。
Date: 2009/06/26/21:26:28   [9702]



チューブ(胃ろう・食道・鼻)の設置について
moomama  
新スレにしました。

たびたびこの掲示板に登場するチューブ(経管栄養・けいかんえいよう、英語ではTube feeding)の装着について少し考察!してみたいと思います。2点あります。
mimiさんの前スレでの漠然とした書き込みと、ある方のブログ記事から思うことあって、です。

自らの口から栄養が摂れなくなる口腔癌の場合、 最終的な栄養補給の道としてチューブの設置は家族が選択できる最後の砦のようなものです。

残念なら今の獣医療では口腔癌(広義で、最終的に口腔に及ぶ癌すべてについてここでは含めています)に打ち勝つのは極めて難しく
多くの勇敢に闘った猫さんたちを虹の橋へと送り出しているのはご存じのとおりです。
そのイメージから チューブの装着は延命そのものであり、チューブの設置を提案されたら余命を計算せざるを得ない気持ちに追い込まれるという その先にあるものは深い闇(死) という負の連鎖があるようです。
その誤った連鎖を作ってしまったのは、ほかならぬ ここ? とふと感じました。

でも そうではないと 声を大にして言いたいと思います。
もっともっとアグレッシブな治療のための選択肢としてのチューブもある、そんな風にも使って欲しい、知って欲しいと。
病と治療の必要性を理解できない動物にとって、チューブは大きな味方となります。
必要な栄養を供給して体力の回復をさせることもできるし、飲ませにくいお薬、サプリなども供給できますから積極的な治療も可能です。
それまで諦めるしかなかったこともチューブによって 動物にも飼い主にもストレスを軽減して行うことができることもあるということ、「光」の部分も大きいのです。
つけたチューブは外せるのです。外す、が目標のチューブ設置もあっていいはずです。

口腔癌の猫さんにとっても同じことです。
理想的なチューブ設置のケースはくろちゃん@くろりこさんでした。
早期発見、手術にて癌切除、チューブ食にて体力回復、自力での食事に意欲があって、リハビリを経てチューブ抜きとり。
下顎のない猫さんの食事は時間もかかるし、身体も周囲を汚すし、必要量を摂取するのは大変ですが、くろちゃんは自分の意思で、自分の口で食事を出来るようになったのです。
そのつなぎに チューブは絶対に必要なものでしたが、助けであってすべてではありません。(後に再装着しています)

またみづきさんのレオちゃんのように、チューブをつけながらでも、飲みたいときには自分で口からお水を飲んでいた猫さんもいます。
仕事から帰ると 水の容器が真赤なんです、という記述は記憶から消えることはありません。チューブをつけた猫さんにも飲みたい、食べたい意志はあります。両方使えます。

チューブ設置ができるにはいくつも条件が重ならないと、したくてもできません。
まず先生の技術と経験、本猫の状態(麻酔に耐えうるか)、そして経済的な問題。すべて揃って装着できることは幸運なことだと思います。

チューブをつけることを選択して闘病をしてきた口腔癌の猫さんの介護人さんたちが望んだことは、本猫のQOLの維持にほかならないのです。
食べられない最後にあるものは餓死、それをさせたくなければつらいつらい強制給餌。
究極の選択が出来ない以上・・・向かい合う覚悟が必要なんです。
向かい合うことは最後の最後まで見届けることです。
いまでは 見届けるとはどういうことを指すのか、辛い画像と共に真実を公開してくださっている方がいますから、先生から漠然と気遣いを受けながら説明される内容よりもよほど衝撃的ではあります。
衝撃を承知で、近未来に起こりうることを受け入れられるかどうか、、、見て頂くようにしています。
もし受け入れられるならば ここでは介護人の、家族の背中を押しています。
そして皆さんそれぞれが温かいサポートをしてくれていると思います。
チューブをつけられた方も、残念ならがチューブをつけることが出来なかった方も同じように。

そうではない 批判的な否定的な意見もあるのでしょう。
そういう流れの掲示板やコミュニティに出会ってないので、具体的にどういったものなのか分かりません。
チューブをつけることは闘病期間が長くなる 長く苦しませるということなのかもしれません。感染症のリスクの問題かもしれません。存じあげないケーススタディもあるのでしょう。

後悔しないこと・・・
そのためには たくさん悩むこと 頭がいたくなるほど考えること。
どうしたいのか 何を大切にしたいのか 考えて考えて答えを出すしかないのですし、そうして出した答えは 
自分で出した答えのようでいて実は違うと思っています。本猫に導かれて 本猫が望んでいることに行きついたのだと思っています。
だから どんな答えにも間違いは無いんです。


*チューブ個々の特性や患畜さんの性格的な経管栄養との相性などの細部の問題はここでは割愛しました。
Date: 2009/06/20/00:49:17   [9689]

Re:チューブ(胃ろう・食道・鼻)の設置について
るぅ  
私は去年ハナ(享年19歳)を餓死させました。
腎不全でした。
入院させていましたが何も口にしなくなり
家に戻れば少し食べてくれるのではないかと藁にもすがる思いでした。
強制給餌も出来ない子でした。

出来る事は毎日点滴に連れて行く事だけ・・・
どんどんやせ細り動けなくなり時々心臓の発作を起こす様になりました。

何も出来ない無力な自分が悔しかった。
弱っていくあの子を見ながら何も出来ずにいたのです。

ハナは死にました。
痩せこけて骨と皮だけになって。

私は最期まで子供にご飯を食べて貰いたいと思う事がエゴとは思いません。

病気の種類によっては一時的な使用で体力を回復させる事だってあると思います。

腎不全の場合食べられなくなってくるのがかなり症状が進み高齢の場合が多いので着けるタイミングが難しく思いますが、強制給餌が出来なくなった場合、今後私は装着する事を望むと思います。
Date: 2009/06/20/01:12:20   [9690]

Re:チューブ(胃ろう・食道・鼻)の設置について
ねこじる  
クマは15歳の時に扁平上皮癌が上顎にできてしまい食道チューブをつけました。

やはり強制給餌を受け付けない子でした。
癌発覚以前、食欲が無いのは歯が原因と言われ、抜歯手術を勧められましたが、腎臓の値が悪く10日間ほど点滴生活。
その間にもやせ細っていきました。

抜歯手術時に悪性腫瘍が見つかり、先生のから食べる事は難しいでしょうと言われ、食道チューブを着けてもらいました。

私が今思うこと。
チューブに関しては後悔はありません。
確かに崩れていく姿・・・見ているのは辛かったですが、痩せ細っていく姿はもっと辛かったかもしれません。
亡くなる3日前に撮影した顔、とても穏やかな顔をしています。苦しいだけでは無かったんだと思います。
延命でしか無かったかもしれませんが、私自信クマの死への覚悟ができました。

チューブの本来の目的
チューブを装着したばかりの頃、ネットでいろんな方の闘病ブログを見て回っていました。
癌猫さんでは無いですが食道チューブを装着して1ヶ月経つ猫ちゃん。体重も増え食欲も出てきたから、そろそろ外しても良いと主治医から話が出たが、投薬があまりに楽で、もう少し着けておこう。
首の穴も直ぐに塞がると記されてました。

その時はクマは治ると信じていた私。チューブを着けていても食べられるんだ。抜けば穴も無くなるんだと安堵した覚えがあります。

今居るウチの子達、食べられなくなったら・・・手術に耐えられるのであれば、チューブのお世話になりたいです。

もう一つ思った事が
ニャンママさんとお話していたのですが、お顔の画像・・・いきなり見ると強烈ですが介護している側は少しずつなので慣れもあるのかと・・・。蛇足でした(汗;
Date: 2009/06/20/03:36:49   [9691]

Re:チューブ(胃ろう・食道・鼻)の設置について
mimi   
moomamaさん、ねこじるさんおはようございます。
るぅさん初めましてmimiといいます。

下のレスにも少し書かせていただきましたが、あさりは11才の時に左頬内側、口腔内の扁平上皮癌になりました。
発病後、顔の腫れはあったものの自力で食べる子だったので鼻チューブを入れたのは発病後4ヶ月目です。
頬の腫れで左目が開かなくなり、口の中の腫瘍も邪魔だろうとレーザーで切り、それと同時に鼻にチューブを入れました。
チューブを入れてからも自力で食べたり(当然食べムラはありますが)食べない時はシリンジでの強制給餌、薬、粉ミルクやサプリは鼻チューブからと三角形の食事方法でしたがそんなに嫌がることもなく受け入れてくれました。
みづきさんのレオちゃんと同じように、自力で食べる時はゴハンにも水にも血が落ちて真っ赤になっていましたが、それでも食べたい!という気持ちがあったんだと思います。
鼻の中の腫れが酷くなり鼻チューブでは苦しいだろうと3度目のレーザー後に咽頭チューブに切り替え、その5日後に内臓出血で亡くなりました。

私もあさりもチューブを入れたことに後悔はありません。当時(8年前ですが)色々な意見があり考えさせられることもありましたが…
こちらのみなさんの意見を聞き、ダーリンくんのような子ともしまた出会ったら迷わずチューブ装着を薦めたいと思っています。

あと、私は当時餓死という言葉は頭の中に全くありませんでした。今考えれば行き着くとこは確かにそうなんですが、そのくらいチューブを入れたことで安心感があったのかなぁと…いえいえこれはただ単に私がマヌケなだけでした(汗
Date: 2009/06/20/09:01:41   [9693]

Re:チューブ(胃ろう・食道・鼻)の設置について
ニャンママ   
moomamaさん

私も玲くんのことを書かせてください。

玲くんは昨年7月、度重なる鼻血から闘病が始まりました。
8月には、扁平上皮癌の疑いが濃厚と診断され、信じたくない気持ちのまま東大の門をくぐりました。
8月末には、左鼻の自壊が始まっていました。
手術で癌病巣を全て取りきるのは不可能だろうとのことで、手術の選択肢を捨てました。

鼻の自壊が始まっていても、食べるのが大好きな玲くんは一生懸命食べてくれる子でした。
放射線・抗がん剤治療中も、副作用で食べれないなんて事はなく・・・^^;
その玲くんが、1クールの治療が終わった頃からだんだん食べる量が減ってきました。
と同時に、強制給餌を始めました。
ちょどその頃に、この「お手てつなご」に出会い、その時にちょうど書き込まれていた「食道チューブ」の存在も知りました。
が、玲くんは強制給餌(言葉が悪くてあまり好きではないのですが・・・)、お口にご飯を入れてあげればちゃんとゴックンしてくれる子でしたので、シリンジからの給餌を4ヶ月続けていました。

食道チューブの設置に踏み切ったのは、今年2月6日。
1月の後半から、玲くんは強制給餌を嫌がるようになっていたんです。
年末には既に、上の前歯は全て落ち、お鼻の先も上あごも自壊が進み、かなりなくなっていました。
強制給餌を嫌がったのは、上あごに開いた穴・・・口が痛かったんだと思います。
それでも、食べたい欲求はあったんです。
我が家には、他にも7ニャンズおり、ご飯は常に出してあります。
そのお皿を覗き込み、自分から食べようと舌をペロペロと出すんです。
でも・・・上あごがなくなってしまっている玲くんには、自力で食べることができない。
強制給餌を拒否るようになってしまっては、行き着く先に見えるものは「死」・・・それだけ・・・

その時に、この「お手てつなご」で知った「チューブ設置」を思い出し、当時かかっていた腫瘍科の専門医のいる病院と、もとからのかかりつけ医の両方にチューブ設置の打診をしました。
両方の病院共に、チューブ設置は可能でしたが、経験の多いであろう腫瘍科の医師のいる病院での手術を受けました。

チューブをつけて、玲くんとのラブラブタイムが戻ったこと
毛並み・毛づやがとっても良くなったこと(栄養が体にいきわたったのでしょうね^^)
何よりも、食べることが大好きだった玲くんに、旅立つその日までご飯を与えられたこと・・・
私にとって、チューブ設置は間違いのない選択だったと今でも信じています。

玲くんの癌は、内側に進行するものではなく、外側からどんどん自壊しているパターンで、はたから見れば悲壮以外のなにものでもないかもしれません。
我が家には人間の子供はいません。
玲くんの癌が発覚以来、主人と常に治療に関して話し合いました。
玲くんが人間の、私達の子供だったら?と・・・
どんなにお顔が変形してしまっても、もしかしたら、本人には辛いだけかもしれないけれど、何もしないで見送ることを選ぶだろうか?と・・・
私達夫婦は、玲くんを自分達の本当の子供と思って育ててきました。
ですから、最後まで戦うことを選びました。

玲くんが旅立つほんの数時間前、手をつないで一緒にお昼寝しました。
その時に、私が握った玲くんの手が私の手を握り返してくれました。

玲くんは、「死」なんて考えていなかった。
「ママ、ボク生きてるよ!頑張ってるよ!」って・・・・・
今を、あの一瞬を生きていたんです。最期まで・・・

なんだか、とぉ〜っても長くなってしまってごめんなさいm(__)m
でも、玲くんの8ヶ月もの激闘に、10歳と2日の生涯を閉じるまで、食道チューブは欠かせなかった!
最期まで「今を生きる」ことに戦いを挑んだ玲くんを、私は誇りに思っています。
Date: 2009/06/20/10:49:47   [9694]

Re:チューブ(胃ろう・食道・鼻)の設置について
ニャンママ   
すんませんm(__)m補足です・・・^^;

玲くんのことになると、頭がぶっ飛んでしまって、moomamaさんのおっしゃる趣旨からはずれてしまったような・・・・・

チューブ設置の結果もたらされるもの。
かわいい我が子のお顔の変形・・・
それは、知らないかたの想像を絶するものだと思います。
その現実を、丸ごと受け止めなければならないでしょう。
その覚悟は必要だと思います。

ですが・・・手術で切除する場合を除き、いきなり変形するものではありません。
少しずつ自壊していきましたから、辛い事実ではありますが、私共家族は受け入れられました。
ですから、今でも思うことは、あのお顔のままでも、もっともっと自壊が進んでしまっても、今でも生きていてくれたら・・・・・

どんな姿になってしまっても、母にはかわいい我が子に違いはありませんでした。
Date: 2009/06/20/11:57:02   [9695]

Re:チューブ(胃ろう・食道・鼻)の設置について
riel  
ちょっと話がずれて申し訳ないのですが、うちの祖母は間質性肺炎で呼吸ができなくなり、意識不明になったときに呼吸のためにチューブをつけました。
元気なころから植物状態の人を報道で見るたび、「あんなになってまで生きたくない」と言っていました。
意識が戻った時、言葉は発せられない状態でしたけど、自分にチューブがついているのを見て、とてもショックを受けているのが傍目でもわかりました。
担当の医師は、もうチューブを外すことは難しいだろうと言っていました。
でもその後、奇跡的にチューブを外す状態まで回復しました。
完全に意識がはっきりしたとは言えなかったけれど、最後に話した言葉はずっと忘れないと思います。
結局亡くなってしまったけれど、チューブをつけず、そのまま死なせた方が本人も幸せだったというのとは違いました。

それと、私はチューブ以外に強制給餌についても「始めたら死ぬまで続けなくてはいけないし、結局死期を延ばすためのもの」というイメージがありました。
強制給餌で回復して、たまに走ったりすらしているスーを見て、間違ったイメージだったのだなと実感しています。
もちろん年が年ですから、一時的なものだろうと言われればそうかもしれません。
でも今スーと過ごす時間をもらえたのは、強制給餌について間違った思い込みを排除してもらったおかげだと思います。
そのまま回復しないことだって多いとは思います。
私の話を全てにあてはめるのも違うと思います。
でも チューブや強制給餌=単なる延命=飼い主のエゴと自己満足 ではないのではないかな、と思います。
Date: 2009/06/21/13:17:41   [9696]

Re:チューブ(胃ろう・食道・鼻)の設置について
moomama  
お返事遅くなっててごめんなさい。
ちょっと立て込んでおりまして。
もう少し待っててくださいね。
Date: 2009/06/24/12:16:48   [9697]



猫の膿について
mimi  
以前、口腔内の扁平上皮癌の猫と暮らしていたmimiといいます。
知り合いの猫さんが同じ癌で闘病中なのですが口からの膿が酷いらしく困っています。カラーを嫌がる子なので飼い主さんお手製のスタイのようなものを下げているのですが首を振った時に膿が飛び散るのを少しでも防げないかと相談されました。
私自身、飛び散ったら拭く、顔や体についた膿や血もとにかく拭くことしか出来なかったのですが、何か他にこうしたらいいよ的なことはあるでしょうか?
17歳の長毛♂猫さんですが、先日大量出血をし輸血で今少し落ち着いている様子です。飼い主さんとの時間を少しでも長くと思い質問させていただきました。
Date: 2009/06/17/15:35:25   [9657]

Re:猫の膿について
ニャンママ   
mimiさん
こんばんは!

お口からの膿がひどいのですか・・・
うちの子は、膿はそれほどひどくはなかったので、お役に立てないかもしれません・・・

うちの子は、鼻の扁平上皮癌で、上あごも鼻もほとんど無くなってしまっていたので、膿よりもよだれがひどかった。
カラーができる子だったので、カラーに医療用ガーゼでよだれを受けるようにしていました。
でも、カラーができないと、汚れが体にもついてしまいますよね。

moomamaさんから、当時アドバイスいただいたのは、体への汚れ防止と、体の保温のためにお洋服を着せては?でした。
うちは、寒い季節でしたので、これから暑くなる季節にお洋服ってのもどうかとは思いますが・・・

あと、うちの子がゲボに悩まされていたときに、ねこじるさんから洗浄ビンをお借りしました。
お顔とかについてしまった汚れを取るのに、とっても活躍しました。
そのときにはってくださった画像が3ページ目の真ん中よりチョット上くらい
No.で言うと、9477にあります。

長毛さんのケアは大変ですよね・・・
うち、汚れてしまった毛は、ばっつり刈ってしまっていました^^;
見た目よりケアの楽さ!
あまりお役にたてる情報ではありませんが、どうぞ頑張ってください
とお伝えください。
Date: 2009/06/17/22:47:20   [9659]

Re:猫の膿について
mimi  
ニャンママさん
お返事ありがとうございます!

ニャンママさんのお宅の猫さんは鼻だったんですね。ウチは左頬の内側から口の中という感じでした。
相談させて頂いたのはダーリン君という子ですが舌の裏側というか今は口の左右から腫瘍がはみ出している状態です。

洗浄ビン拝見させていただきました!
いいですねーコレ。私もウチの猫の時に使ってみたかったなぁと(;^ω^)

現在首元の毛は抜けてしまいスフィンクスのようなちょっと可哀想な状態で、膿のせいか皮膚もただれてしまっているようです。これも何とかしてあげたいのですが…

こちらでアドバイス頂けてよかったです。早速洗浄ビンのこと伝えてみますね!
ありがとうございました。
Date: 2009/06/18/00:28:14   [9661]

Re:猫の膿について
moomama  
mimiさん はじめまして。
少しだけサイトを拝見いたしました。闘病の時期が2001年とあり、私が必死で検索をかけて同じような猫さんを探している時にどうして出会えなかったのだろうかと残念でした。
当時は同じような闘病をしている猫さんのケースが少なくて・・・あさりちゃん、半年頑張ったというのはとても勇気がわいただろうなと思ったりしてしまいました。

ご相談の件ですが・・・ 私もニャンママさん同様 とにかく身体についたものは出来るだけ早くふき取る に限ると思います。
mooの場合、顔をぶんぶん振りまわすほどの元気はなかったものの、強制給餌と膿涎、しかも血混じりでその臭いは強烈だったのは皆さんと同様でした。
特に私は冬の介護だったため、身体を冷やさないように洗うことはできませんでした。
大判のコットンを湯で濡らしてしぼり、それで口やあごの下をふくのが精いっぱいでした。固まってしまったものは根気強く柔らかくして・・・ それでも棒状に流れ出る膿がこびりつくととりにくいですよね。
しかも長毛さんとなるとケアも大変でしょう。
その猫さんはカラーがだめということですが、どんなカラーをお使いですか?
透明のものや クリアファイルのような柔らかい素材のもので手作りしてみてもだめでしたでしょうか。
動きまわる元気、体力がまだあるので嫌がっているということなのでしょうか。
口腔内だけでなくて、外側にも癌が進出してきて崩壊してくるような場合には 保護の意味合いでもカラーの方がいい場合も出てくるかもしれません。
ねこじるさんという方は シャンプーハットをカラーに使ったりしてらっしゃいました。

今は少し半端ですが 冷房が入るような状態ならば、薄いガーゼのお洋服ならば夏でもいけるのではないかとも思います。
ただ袖は無いので 両手足は下腹部は汚れてしまうかもしれませんが。
うちのメイがアレルギーのため、最初に試したのがガーゼのお洋服でしたが、あれなら薄いのでどうでしょうか。
http://homepage3.nifty.com/tissue/careindex.html
こちらで作って頂きました。参考になさってみてください。
私も癌の介護をしているときには、お洋服という発想はまったくなかったのですが、メイがさほど嫌がらずに受け入れたので 試す価値はありと皆さんにも提案してみている次第です。

これからの時期は 冷房にあたらないようにしつつ、洗浄瓶で流してあげるのも良いかと思います。

最後に輸血の効果が出て頑張れますように。再出血が無いように祈っております。



Date: 2009/06/18/00:31:28   [9662]

Re:猫の膿について
ねこじる  
大人用シャンプーハット。100円均一介護用品売り場にあります。

mimiさん はじめまして。
ウチの子も扁平上皮癌が右上顎にできてしまって。粘着質の血が凄かったんです。

病院で購入したカラーを嫌がり暴れ、寝ないというボイコットも(汗

友人から教えて頂いたシャンプーハットのカラーが重宝しました。
溝にヨダレも溜まるので患部にヨゴレが着かず、軽くて柔らかい素材いなので猫も楽そうでした。

材料:シャンプーハット
   裏が粘着テープになっているマジックテープ

猫の首の大きさに合わせてカットし、マジックテープで固定。作業時間10分くらいです。

透明では無い為、ヨゴレが見えず、カラーを外してコマメに拭いていました。
Date: 2009/06/18/00:35:25   [9663]

Re:猫の膿について
ねこじる  
クリアファイルでカラーを作る場合ですが、張りのある素材で作った方が良いと思います。
痛みなのか、突然動いたりして、あちこちにブツケテ先端がボロボロに(汗

ヨゴレをそのままにすると皮膚炎になります。と主治医に言われ、洗浄ビンで洗ってたんです。
腫瘍が壊れてしまった部分はハゲましたが、他の部分は大丈夫でした^^

ダーリン君が少しでも穏やかに過ごせますように。
Date: 2009/06/18/00:52:25   [9664]

Re:猫の膿について
ねこじる  
3連投スミマセン 補足です

洗浄ビン購入先
  DIYショップ(資材を売っているホームセンター等):塗装用具
  ▲優奪函П犒殕冑福ε描用品・実験用品など
  100円ショップ:園芸用品

  ●ノズルが固く、角度のついた物の方がピンポイントで汚れを狙えます。
Date: 2009/06/18/00:59:43   [9665]

Re:猫の膿について
moomama  
ねこじるさん

クリアファイルがこんなになるのをはじめて見ました〜
メイちゃんのハゲ用に 百ちゃんの真菌用にと相当数のクリアファイルのエリカラにお世話になってますが こんな風になったことはなく…
張り というか、 あれ〜分かんない(^^ゞ
柔らかい素材ではないのかな?

とはいっても バンバン作って新しくできるのがクリアファイルの良さでもありますよね。
Date: 2009/06/18/01:06:29   [9667]

Re:猫の膿について
mimi  
moomamaさん、初めまして!
私も昨日こちらのサイトを知りmoomamaさんと全くと言っていいほど同じ気持ちでした。
扁平上皮癌と診断され色々検索しましたが当時は本当に情報が得られず、同じ病気の飼い主さんと知り合いたくてサイトを立ち上げましたが結局あさりが生きている間に知り合うことは出来ませんでした。でもサイトを通じて色々な方と知り合いアドバイスや励ましをもらったお陰で半年の闘病を頑張れた気がします。

ダーリンくんのカラーですが、飼い主さんからカラーを嫌がってつけてくれないというお話しか伺ってないので硬いタイプなのかペラペラタイプなのか分からないのですが、皮膚のただれも心配なので手作りカラーをアドバイスしてみようと思います。

そしてダーリンくんの今ですが、輸血後よろよろしながらも歩いてくれて自力でトイレにも行ってくれるようです。
ただ、目の焦点が合わなかったり異常な程の食欲等あるらしいのでもしかしたら脳に転移の可能性もあるのかなぁと…。
あと、飼い主さんが用事でどうしても家を留守にする間に口が渇き膿が固まって口が動かない状態になってしまったりするそうです。
口の外に腫瘍がはみ出ているので、また自壊して大量出血の危険性もあり飼い主さんには手作りカラーをなるべく薦めたいと思ってます。

紹介して頂いたお洋服ですが今って色々あるんですね〜。当時を思い出しても看病でいっぱいいっぱいで他のこと考える余裕がなかったです(;^ω^)お洋服のことも機会をみて話してみようと思います。
moomamaさん、アドバイスどうもありがとうございました!

ねこじるさん初めまして!
ねこじるさんの猫さんは右上顎だったんですね。血や涎、膿はもうこの病気にはつきものというか…
ウチも目、鼻、左頬、口と顔中から血や膿が出てまして、中でも目からの出血と膿が精神的にキツくて、膿出し作業中に毎回心臓がギュっとしっぱなしでした。

シャンプーハットのカラー、すごく良いですね!あさりはペラペラの透明カラーを使ってましたが当時これを知ってたら絶対これに乗り換えてます!
クリアファイルで作る方法もあるんですね。すごいなぁ。当時は手作り介護品を考えている余裕なんて全然なくて…(汗
これもシャンプーハット同様、飼い主さんにアドバイスしてみますね!

みなさん、本当にありがとうございます。自分が扁平上皮癌の猫を看てたのに同じ病気の飼い主さんに大したアドバイスが出来なくて…
ここで教えて頂いたことを伝えてみたいと思います。本当にありがとうございます!
Date: 2009/06/18/08:19:30   [9672]

Re:猫の膿について
mimi  
あっ、あとお詫びです。
洗浄ボトルとシャンプーハットカラーの説明のためにお写真勝手にお借りしました。承諾を得てからお借りすれば良かったのに申し訳ありませんでした。
Date: 2009/06/18/08:33:47   [9673]

Re:猫の膿について
ねこじる  
moomamaさん
クマのクリアファイルカラーですが、フニャフニャの柔らかい素材だったようで。
下に敷いてあるタオルに擦ったりもして・・・この有様でした。
丸めたり出来る素材で適度な固さの物が良いかなと思いました^^

mimiさん
私も皆さんから教えてもらった方法なんですよ。画像、是非使ってください。
猫ちゃんと介護人さんに少しでもお役にたてればと思って、撮影した画像です^^

mixiですが、介護グッズのフォトがありあます。
http://mixi.jp/view_album.pl?id=30426096&owner_id=6218231&mode=photo
Date: 2009/06/18/12:41:42   [9675]

Re:猫の膿について
moomama  
ねこじるさん フォローありがとうございます。
mixiのもとっても分かりやすいよね。

mimiさん
新たな書き込みでダーリンくんの様子、分かりました。
みづきさんというかたの猫さんのお口の様子によく似ていると思います。癌は違ってますが、溶けるというより腫瘍が大きくなってお口からはみ出しているのですね。
その子はそのはみ出した分を自壊させるというよりは自ら噛み切るようにして破壊して「じゃま」と言わんばかりに切り落とすようにしてしまう猫さんでした。
それでなくても 膿と涎とに血が混じり、壁と言わず床と言わず飛ばして 本猫のケアもさることながら、 帰宅してからの掃除にかかる時間とエネルギーが大変だったのです。
ふとした会話から、ペットシーツを敷き詰めたら楽になると提案して(ゴミも出るしお金もかかりますが)からは、こんなに簡単なものがあったのかと、もっと早くに使えば良かったとおっしゃってました。
知っている私には当然のことでしたが、みづきさんはペットシートという存在を知らないでいましたので、もっと早くに声をかけてあげたらと後悔しました。
働きながらの介護でしたので、 楽できるところは手をうって その分、レオちゃんとの時間を大切にできたんですものね。

足腰が弱っている猫さんだと嫌がる場合もありますが、シートの下に100均にある滑り止めを敷くことで シートが動かず歩きやすくできます。
排膿分泌物のことで困るのは猫さんだけなくて、お部屋もです。すでにそちらは手を打ってるかとも思いましたが、念のために書いておきますね。
それと危険防止のために行動を制限しなくてはいけない時間帯があるようなときには
サークルなどの貸し出し用もありますので お声かけくださいね。
私の場合は ケージでは可哀想と思い静脈点滴のときに使いました。
http://oldcat.moo.jp/study/report/care.html
Date: 2009/06/18/13:56:59   [9676]

Re:猫の膿について
mimi  
ねこじるさん
ありがとうございます。写真使わせていただきます。
あのそれと御紹介頂いたリンクをクリックするとトップページに飛ぶんですがこれどうすればいいでしょう?mixiやってなくてわからなくてすみません…(汗

moomamaさん
みずきさんのレオちゃんのお話ありがとうございます。ダーリンくん、腫瘍を噛み切ることはないそうですが先日の出血は椅子に登ろうとして落ちてしまい顔を強く打ったのが原因らしいです。
去年11月に最初の病院で歯茎の化膿〜口内炎〜口内腫瘍〜口内癌と診断次々に悪化していき、病院も輸血をしてもらった今のところが4つ目だそうで、巡り合わせというか色々と考えさせられてしまいます。

ペットシーツと滑り止めのことも伝えてみますね。飼い主さんのお話を伺っても雑巾、タオルを持ってダーリンくんの後ろをついてまわる毎日なようなので。

あとケージですが、獣医さんからお借りしたものがあるようです。心配して下さってありがとうございます!
Date: 2009/06/18/16:45:29   [9678]

Re:猫の膿について
黒猫ミーちゃん  
mimiさん

はじめまして。
黒猫ミーちゃんと申します。
愛猫も昨年6月に、17歳の若さで口腔癌を抱えて虹の橋にお引越しをしてしまいました。
左顎下の腫瘍が、首を振るたび歩くたびご飯を食べるたびに、ポタポタと落ちて匂いも酷かったです。
なので私も、ペットシートをひいてバスタオルを周囲にはりめぐらせていました。
水を軽く含ませたコットンも常に側において、泣きながらお口を拭いていました。
自分に出来ることは、ただそばにいて声をかけることだけでした。
ダーリンくんが少しでも状況が良くなって、心地よい時間を過ごせることを切に願います。
お役に立てず申し訳ありませんが、
大阪からミーちゃんと一緒に応援しています。
Date: 2009/06/18/23:56:48   [9681]

Re:猫の膿について
ねこじる  
mimiさん

ごめんなさい。mixi以外ブログをもっていいなくて。

洗浄ビン、使用前使用後の画像、カラーの画像、ペットまくらの画像があります。
mimiさんのブログからメールと思いましたが・・・探せませんでした(汗
もしも他の画像が必要でしたら、おっしゃってくださいね。

ダーリン君、動きまわっているのですね。
ウチの場合、腫瘍が神経を押していたようでフラフラと歩き、壁にぶつかって出血させてしまったんです(><) カラーは必須だなと感じました。

病院4つ目なんですね。
みづきさんもなかなか良い病院に巡り合えずご苦労をされていたようでした。
Date: 2009/06/19/01:04:46   [9682]

Re:猫の膿について
ニャンママ   
mimiさん

病院が貸してくださるケージって、結構小さめなんじゃないかしら?

どなたのブログだったか忘れてしまったんですけど、その方、かなり大き目のサークルを自分で組み立てて、そこにペットシーツを敷き詰めて猫ちゃんのお部屋・・・みたいにされてました。
人間がゴロンと寝転べるくらいの大きさでした。

ダーリンくん、首の毛は膿がついて抜けてしまったのでしょうか?
それとも、何か他の原因ですか?
Date: 2009/06/19/01:14:16   [9683]

Re:猫の膿について
moomama  
ニャンママさん 私も今そのことを書こうかと・・・

ダーリンくん イスにジャンプしたとありますが、ということはまだまだ体力的にも元気で過ごしていたわけで、輸血がしっかり効果をもたらしてくれたら
ケージ暮らしはきっと嫌だと思うんです。
極度の貧血でぐったりしている時にはともかく。
ケージとサークルでは 作れる範囲が違います。いくつもつないだり、壁を利用して変形コーナー(つまりは隔離部分ってことなんですけど)作ったり、できるだけ生活スペースとその質を自然に近く、でも安全性と人間の都合もちょっとmixして・・・
私もソファと組み合わせてサークルの中で寝てました^^
目的が少し違うのでどうぞご提案くださいね。

Date: 2009/06/19/01:28:04   [9684]

Re:猫の膿について
moomama  
黒猫ミーちゃんさん
1年前を思い出しております。
たくさんのメールをやり取りしましたね、去年の6月。
どんなにミーちゃんが愛されて、黒猫ミーちゃんさんがどんな想いで受け入れたか、その「時」を一緒に歩いたと、私は思っています。
そしていつも頑張っている猫さんとその家族を応援してくださってありがとう。

29日、mixiでもご案内しましたが 口腔癌猫の家族会1回目があります。
ミーちゃんきっと参加してくれますよね(=^・^=)
そこで 「mixi以外ブログをもっていいなくて。」についてみんなで相談してみましょう。
誰でもが見られる所に資料をまとめるたらどうか とか。 ね、ねこじるさん。

mooちゃんも壁にど〜んとぶつかるので キャンピングマットを切って壁に張って 少しでもクッションになるようにしていました。
参考に写真も。
Date: 2009/06/19/01:44:33   [9685]

Re:猫の膿について
mimi   
黒猫ミーちゃんさん
はじめまして。
ミーちゃんは左顎下だったんですね。この癌のためにどれだけの猫さんたちが苦しめられているのかと思うとやりきれません。
ペットシートやバスタオルのお話、飼い主さんに伝えますね。
役に立たないなんてとんでもないです。昨日突然やってきていきなり質問しちゃった私ですが、みなさんから色々アドバイス頂けて本当に嬉しいです。
黒猫ミーちゃんさん、ミーちゃんにありがとうとお伝え下さい。

ねこじるさん。
いえ、こちらこそスイマセン(汗
あの、メール欄にアドレス入れてみましたがどうでしょうか?

病院選びは本当に大変なようで、ウチの場合は最初の診断から亡くなるまで近所の病院にお世話になったんですが、ダーリンくんは飼い主さんのお話を伺う限り最初の病院での診断ミス(というと書き方が悪いのですが)があったんじゃないかと…この段階でかなり癌が進行してしまった気がします。もう何もできないと言われホリスティックを行っている病院に移り、その後、ご家族との話し合いの末、そこも止めて自宅介護を選ばれたようです。近くの病院でお薬は頂いていたようなのですが、先日の出血で貧血を起こし病院に行ったところ、こちらの先生も延命に積極的な方ではないらしく、これではもう何もできないと言われてしまい輸血を受け入れてもらえる状態ではなかったそうです。知り合いの方に4件目の病院を紹介してもらい今月初めに輸血をして今の状態です。
誰をどう責めるという気持ちはないのですが、その子にとってどの病院が良いのか、どんな病院と巡り合えるか、これは本当に大事なことだなと思います。

ニャンママさん
アドバイスありがとうございます!
ダーリンくん、動けるといってもやはり足腰はフラフラで、一ヶ月程前の体調とは随分違っています。
この病気の進行の速さは自分自身も経験しましたが、嘘でしょ?って位の勢いでダーリンくんの体を蝕んでるようです。なので動けるといっても範囲が限られているようなのですが、ペットサークルのお話も飼い主さんに伝えてみますね!
あと、首の抜け毛ですが、ダーリンくん、病院で首元の毛は短くカットしてもらっていたようですがカラーを嫌がっていた子なので手作りスタイをしていたようですが、それでは対応しきれず、膿やなにかで荒れて炎症を起こし抜けてしまったようです。
こちらでアドバイス頂いたシャンプーハットカラーを昨日提案してみたら試してみるとおっしゃってくれたので、少しでも良い状態にと願っています。
ニャンママさん、色々お気遣いありがとうございます!

moomamaさん
サークルのお話、ニャンママさんのお返事にも書きましたが飼い主さんに伝えてみますね!わざわざお写真貼って下さってありがとうございます。

昨晩からこちらの過去ログを読ませていただいて、ちょっと後悔してるというか…あさりは割と早い段階で鼻からチューブを入れました。これは診て頂いた先生がカテーテルに関して楽観的というか、抜歯をした犬に三日間だけチューブを入れるとか割と簡単に入れちゃう先生で(汗、でもそのお陰で私もあさりもずいぶん助かったんです。あさり自身もほとんど嫌がることがなかったので。
ただチューブに関しては否定的な意見も多くなり、ダーリンくんのお話を最初に聞いた時も薦めていいのかどうかわからず結局黙ってしまいました。
昨日こちらで色々な方の意見を読んで、去年11月のまだ病気がそんなに進行していない時点でカテーテルの話をしていたら、飼い主さんとダーリン君の今の状態が少しは穏やかなものになっていたんじゃないかと後悔しています。
これからあと何が出来るかわかりませんが
また分からないことがあったらアドバイス頂けるとうれしいです。

なんかあの長くなっちゃってごめんなさい(汗
Date: 2009/06/19/06:07:15   [9687]

Re:猫の膿について
moomama  
主治医の先生 鼻チューブの装着の経験が豊富でお得意だったのですね。
それは幸運だったと思います。

>ただチューブに関しては否定的な意見も多くなり、ダーリンくんのお話を最初に聞いた時も薦めていいのかどうかわからず結局黙ってしまいました。
お書きになりたいこと 私には分かる気がします。
また、あさりちゃんの闘病時期、mooちゃんの闘病時期からはどんどん治療(といっても対症療法ではありますが)の幅が広がり使える鎮痛剤も麻薬の範囲にまで及び喜ばしいことでありながら、反面、直面しなくてはいけない症状の壮絶さも・・・

このスレッドも長くなりましたので 新しいスレッドに移動して思うことを書いてみますね。
Date: 2009/06/19/23:28:53   [9688]



お知らせ
moomama  
介護用品 レンタルぺージ更新しました。
ケージや酸素器に空きがあります。

今月 お二方から 酸素器の依頼があり、お返事しておりますが 連絡がパタリと途絶えております。
1件目は携帯のアドレスからでした。
こちらからのお返事が撥ねられてしまっているのかもしれず、心配しております。念のためと、1度ならず複数回メール差し上げております。

2件目は Yahooメールです。これも未着が起きやすいアドレスなので心配しております。
Mさま ご連絡お待ちしております。

介護用品の貸し出しは 老猫会の会員でなくても どなたでもOKです。
ただし 物によっていくつかのお約束事項があって、それは病気や高齢な猫の介護と看護が気持ちよくできるためのものです。
また、酸素器の場合は 機種によって 音や容量、また重さの問題との兼ね合わせ、そして何より猫さんの症状によって一番マッチしている使い方ができる機種選定が大事となりますので
こちらから質問させて頂いたり、直接お話しさせてもらって使い方を解説したりしております。
詳細をお聞きするのは 貸し渋りではありませんので〜 ご理解くださいね。
適材適所を心がけております。

今回もまだ交渉 続行という状態と理解しておりますので、酸素器が必要ない、借りる予定が無くなった場合でも ご一報いただきますようお願いします。
次の方とお話を進めていいものかどうか 大変悩みます。


一例
お一人暮らしかどうかを お聞きするような場合があります。
それはみーちゃん1号は大変重くて、一人で箱から出したり移動や階段をあげるようなことが可能な大きさではないからです。
手伝ってくださる方はいるのかどうか・・・
またワンルームでの生活の場合 音も大きく、介護人本人が眠れない(音の感じ方は個人差がありますが)ということも考えられます。
酸素供給がしたいのか 酸素室が作りたいのか など希望されてることと機材のミスマッチも防ぎたいと思っています。

また消耗品(チューブ類)などは 中古品に抵抗がある方もおられるようなので、新品をご自分でご負担いただくことなども検討しています。
商売にしているわけではなくあくまでボランティアの一部なので、完璧とは参りません。ご理解よろしくお願いします。

最後に フレッシュフロー(旧タイプ)をお使いになりたい方はおられませんか?
Date: 2009/06/15/09:20:45   [9652]

Re:お知らせ
ニャンママ   
moomamaさん

うちで眠っているものを、レンタル品として使っていただければと思いますが・・・

ハードキャリーとキティケージです。
前に撮った画像でmixiのほうにアップしてみました。
http://mixi.jp/view_album.pl?id=33651043&owner_id=7683589
認証:otete

どなたかのお役にたてるなら、どうぞ使ってください^^
Date: 2009/06/17/00:08:38   [9653]

Re:お知らせ
moomama  
拝見いたしました。

個人的に写真に写っているハードキャリーに大変興味があります。
どこの商品か教えて頂けますでしょうか。
これは上蓋が開くのですね。すぐれもの〜
ゲー&脱糞のお掃除もしやすそうです。
Date: 2009/06/18/01:45:54   [9668]

Re:お知らせ
うめきちママ  
フレッシュフロー 小梅ちゃんに使ってみたいです。

私が在宅になってから、日中ずっと私の後を追うようになり、蛇口からの水しか飲まなくなっています。
今では、夜中に水が飲みたい時は私を起こし洗面台まで先導してくれる毎日です。
何とか良い方法があればと探していました。
一度、小梅ちゃんに試してみたいと思いますので、よろしくお願いします。
Date: 2009/06/18/11:30:45   [9674]

Re:お知らせ
moomama  
実は2台お譲りできるものがあります。
つまりお二方からの提供の話があって、、、。
消耗品などどちらが入手しやすそうかなど調べて連絡しますね。
例の件の続報もあるし(^^ゞ
Date: 2009/06/18/14:09:36   [9677]



現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18]
No. PASS
No. USER PASS
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

++HOME++

005682
[TOP]
shiromuku(bu2)BBS version 2.81