♪ むーすけの介護日誌 ♪
2006年03月10日の日記

06年4回目の往診
13時35分 後臼歯 抜歯完了。(未麻酔・止血もスムーズ)


後臼歯は抜けてなかった(T_T) 横倒しになって、それから抜けたのは前臼歯。
なかなか難しい(^^;)
自然落下したものは歯根が残ってしまっている可能性ありとのこと。
これで左側、上の臼歯はすべて無し。

腫れはひいてはおらず、その位置が移動しているとのこと。
口腔内は自壊したため、その傷跡、粘膜が葡萄の房(ふさ)状に?なってるらしい。
口内炎も自壊で出来た穴も もはや全部繋がった状態。
ケナログはしみるだろうからということで以後中止。

確定診断が出来ないので、次は消去法となる。
これで腫れが引いてくれれば、歯が原因だったということ。
もし、これでも腫れが引いてくれない場合は腫瘍の疑い。
前回の説明の時に、腫瘍の疑いも全く無いわけではないと説明は受けている。
(そういう話の時は悲しげになる先生)

心配性の私としては、それならいっそ先に調べてしまって
安心するという手はないのですか?という問には、
現状で出来る綿棒の先で採取したようなに細胞での病理検査では
誤診が非常に多いらしく、現時点では意味が無いとの答え。
しっかり細胞を取ろうとすれば、やっぱり麻酔なんだそうだ(-_-;)

ともかくこれで歯が抜けたわけだから、きっと良くなる。
何より、ぐらつく歯なんて気分が悪かったはず。

昨日からまた食欲をなくしていた。
アボ缶がどうやら粘膜にあたると不快な感触なのか食が進まない。
新しいフードをパッカン。
すごいじゃないですか、カイチョ〜 
美味しいねえ、だってタラちゃんのご飯だもの。
アニモンダ、ツナ缶。裏ごしするとトロンとなって食べやすいのかな。
今日はなんとか40gいけそうだね(*^-^) ニコ
とこれは抜歯前の感想なのだが・・・さてどうだろう。

往診、診察、処置料3150円 内服薬 2835円 計5,985円

ニャンタンちゃん、20歳にて永眠。
巡回の狭間でその危機を知らずにいた。
何も励ましてあげることができなかった。
深い悲しみと後悔の念にお知らせもすぐには出来きなくて。
ブログにはみなで共有できる
ニャンタンちゃんのスケーリングの体験記があって、
このmooの歯の問題からいつか紹介しようと思っていたのに、、、。
ご冥福を心からお祈りします。
2006年03月10日(金) 15:04:28   No.937 (往診/獣医さん所見)

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
<<  2006年03月 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

2006年03月10日(金)
06年4回目の往診

+++HOME+++

BBSにもお立ち寄りくださいませ


[Admin]
shiromuku(fs4)DIARY version 3.50