お星様

さくら母さん・・・ 
さくら母さん#291が梅吉君、小梅ちゃんを残して虹の橋に行ってしまいました。
病院から戻った母さんは母さんの匂いではなかったのでしょうね、
ニにゃんは怒って近づかなかったそうです。

サイトを始めてすぐのころから梅吉君をつれて遊びに来てくれてた。うめきちママ
茶とら白が縁だったので梅吉君の写真はたくさんあるのに、探しても探してもさくら母さんの写真は見つけられず・・・
きりりとした素敵な三毛猫さんなのに、ごめんね。
「今年、さくらも10歳になった」と待ちにまった入会よ、
と喜んでくれてたのは昨日のことのようなのに。
さくら母さんは駆け足で老猫会を通り過ぎていきました。
またいつかきっときっと逢おうね。

何ゆえそんなことに、、、。
これから書くことはうめきちママには大変辛いことです。
どれだけ悔やんでも悔やみきれないことでしょう。
泣くなともいいません。
でもいつまでも梅吉君と小梅ちゃんを見守ってくれているはずだから、
この子たちがまた老猫会へ入れるように、さくら母さんを安心させてあげようねと、それだけです。
うめきちママがさくら母さんを愛していたことはさくら母さんが一番わかっているから。
2007年04月26日(木) 21:55:03   No.3823 (お星様)

ふくちゃん バイバイ♪
なんて可愛いんでしょう。とても16歳とは思えません。
親馬鹿でなくても キャワイイ〜 と黄色い歓声があがってしまいそう。
お外に居た時にはさぞ 追っかけを引き連れていたのではないかと、、、。


2007年04月11日(水) 11:32:47   No.3797 (お星様)

まりすけちゃん@うてさん 開放されました
会員番号222のまりすけちゃん、ほんとは爺さんです^^ が虹の橋へ、
今朝のことです。
本当にもう頑張らなくていいから、楽になっていいんだよと
うてさんも私もそう心から思えるほどなのに、僕はまだ行きたくないと・・・
生き抜いたつぶらな瞳のまりちゃんです。

「『まりちゃん、抱いてもいい?』と聞いて抱きしめて。
そうしたら小さな痙攣、まりちゃん、世界で一番まりがすきだよ、
世界で一番まりが好きだよ、と抱きしめて言っている間に
全く苦しまず天に昇りました。
とても私も今は安らかで幸せです。」とお知らせいただきましたが
私もすべてから解放されたことに安堵しています。

まりすけちゃんとの出会いは、ギャオスの掲示板。
mooと同じ茶とら白だし可愛いし(男の子とは思えなったよ)、同じ地方出身者として帰省時の老猫の負担について悩んでいました。そして救命丸仲間として、帰省先での生活を楽しんで元気になっちゃう猫でありと、共通点の多い2にゃんでした。
2007年04月05日(木) 10:16:46   No.3775 (お星様)

シッポ君@re-koさん お星様に

それはそれは大家族のre-koさんち。
その名の通りにゃんだら家です。
ご自身の病気を抱えながら
たくさんの保護猫の世話をして
いまはその長男坊のシッポ君でした。
腎不全とそしてエイズ陽性という老猫さんでしたが、丁寧なケアでのんびりと幸せな猫生が送れたことと思います。
2007年04月01日(日) 11:51:42   No.3765 (お星様)

ゆうたろう君は永遠に・・・
会員番号22 ゆうたろう君@kaoriさんが虹の橋の住猫の仲間入りをしました。
老猫会白猫長寿伝説をさらに嬉しくする男の子ニャン。

(目が見えなくても大好きな出窓へすいすい。そこには様々な工夫がされてずっとゆうたろう君の憩いの場所。古くはこのダンボールの写真で掲示板を沸かせてくれました)
2007年03月21日(水) 09:25:58   No.3744 (お星様)

みっちゃん大往生・・・みっちゃんままより
会員番号171番のみっちゃんがお星様になりました。22歳でした。
みっちゃんままよりお知らせを頂いたので掲示板から転載します。


みっちゃんまま家の末っ子として育ち22年。
娘であり、妹であり、遊び友達だったはずなのに、いつしか猫年齢100歳となり、
昨年夏から、お世話が必要なることがたくさん増えて、それでも
家族の温かい介護の中で元気にしてきました。
最期は命の炎がゆっくり消えて、、、。
でもギリギリまで強い気力をもっていたみっちゃん。
先日お別れしたクリちゃん(どちらも長寿のキジトラさんですね)と何か似た感じしてなりません。
家族の中で「あの時 みっちゃんは・・・」という会話がずっとずっと続くことでしょう。
素敵な看取りがまたひとつ生まれました。看取りは終えるのではなくて、生まれるのだとそう思えませんか?
本当にありがとう、みっちゃん。

私がmooと暮らしだしたのは結婚して間もなく。
もし子供が生まれてもいっしょに育てたいと思っていました。
私の場合それはなりませんでしたが、今、子育てと猫育てをいっしょにしておられるお母さん、おそらく外野の騒音も皆無というわけではないでしょう。
でも、20年後、素敵な家族の光となってくれると思います。
優しい娘さん、思いやりのある息子さんにきっとなります。
みっちゃんも見守ってくれると思います。

***************************************************************

moomamaさま 老猫会のみなさま

みなさまには色々アドヴァイスを頂いたり、本当にお世話になりましたが、
みっちゃんは16日午後お星様になりました。2月初めまでは25センチほどの高さのものを乗り越えたりしておりましたが、2月11日ころから、立ち上がることができなくなりました。徐々に体力は落ち、立てなくなると急に食欲も落ちて見る見るやせていきました。それでもお水と高カロリーの流動食はシリンジから摂っていました。約1週間、日一日と衰え、とろとろと眠りながら、枯れ木が朽ちるように静かにお星さまになりました。立てなくなってもおしっこのときはムーと鳴いて教えてくれましたので、最後までオムツ猫にはなりませんでした。苦痛もなかったようです。
もうちょっと長くと思ったりもしますが、欲を言えばキリがありません。
私と次男に見守られて、本当に静かに遠くへ旅立ちました。
虹の橋の向こうの先輩ニャンたちのお仲間に入れていただいているのだと思います。長い間私どもの家族として楽しいおもいでをくれました。
留学中の長男も15日電話をかけてきて、受話器の向こうから
何度も何度も、みっちゃんありがとね、ありがとね、と話しかけました。
そのときは耳をぴくぴくさせて聞き入っていました。
半日ほどでそうした反応もなくなりましたので、本当によいタイミングの電話でした。荼毘に付しましたが、お骨を拾うとき
業者さんが、こんなに真っ白できれいに残っているお骨は珍しい。健康で長寿で老衰の猫ちゃんだけがこんなお骨なんですよ、と話してくださいました。歯もみんなしっかり残っていました。
立てなくなってからは次男と交代で、絶えず面倒を見ました。仕事が学校関係ですので、ちょうど休みにはいっていて、しっかり介護ができました。そういう意味でも飼い主孝行でした。
すぐにご報告すべきでしたが、なんだか気持ちが落ち着かず、遅くなってしまいました。私は動物好きの家庭に育ち、子供のときから何度も犬、猫の誕生や死を経験してきましたが、23年半の人生のうち22年7ヶ月をみっちゃんと過ごした次男にはかなりの痛手のようです。
とてもまとまりのない文で申し訳ありませんが、みなさまには心から感謝しております。本当にありがとうございました。

みっちゃんまま

***************************************************************
2007年02月16日(金) 09:11:02   No.3684 (お星様)

沙羅ちゃんが続いてしまいました

免疫介在性貧血の闘病中だった沙羅ちゃんが治療のかいなく虹の橋へと向いました。
この聞きなれない病気に、できることはなんだろうと必至で看護につとめたグロリアさんの気持ちを思うと胸がいっぱいでおかけする言葉も無いのです。
いつも短い携帯メールで沙羅ちゃんの様子を知らせてくれてた。
腎不全にもたびたび起きる口内炎にもそのつど上手に対処してきて・・・腎不全といっても初期だし、
まさか、まさかという思いが強すぎる。
輸血の治療がきっと沙羅ちゃんを元気にしてくれると祈っていた。

今日 めいは3度目の通院で、アレルギー検査のためにかなりの量の、長い時間をかけた採血におとなしく耐えた。
いい子だねめいちゃん、病気が無かったら献血猫さんになれるね、お友達にあげるられるよと褒めたら、 先生に、
いやもっとおでぶさんにならないと献血猫さんは無理だなあ。
うー じゃぁもっと食べるか(笑)
なんて、イノチにかかわるわけでないながらまだ先もみえず憂鬱な診察時間の中で唯一皆に笑みが漏れた瞬間だった。
そのお友達、と私の脳裏に刻まれていたのは沙羅ちゃん。

メインクーンとノルウェージャンのMIXの大柄な沙羅ちゃん。
お家に迎えるときにも、できるだけ母乳を飲んで欲しくて、あれこれと理由をつけながら引取りをやっと生後2ヶ月まで延ばしたという。
1日も早く一緒に暮らしたくて、人間のエゴから母猫と引き離してしまうことの方が多いのに、家族になる前から沙羅ちゃんの健康を一番に考えていた。

どれだけグロリアさんが沙羅ちゃんを大事に思っていたか・・・。
沙羅ちゃんがどれだけ生活の励みだったことか・・・。
あまりに突然の訃報に、お悔やみらしいことも言えなかった。
現実を受け入れられなかった私。
グロリアさんの衝撃はどんなかと思うと言葉がみつからない。。
ただミルクちゃんが一緒だったことを慰めとしたい。
2007年02月04日(日) 09:37:17   No.3638 (お星様)

ミルクちゃんが虹の橋へ

ミルクちゃん21歳が虹の橋へ向いました。
体重1.5kgながら、裕美さんの温かい介護で頑張って来ました。
でも、本当はミルクちゃんが裕美ちゃんの面倒をみていたのではないかしらと思えてなりません。

お母様の忘れ形見のミルクちゃん。愛猫がだんだんと老いたのではなくて、突然老猫と暮すことになった裕美さんの戸惑いは大変なものだったと思います。
一生懸命な試行錯誤で夢中だった裕美さん。それもお母様とミルクちゃんの思いやりだったのかもしれませんね。ミルクちゃんは本当はもっと早くに虹の橋に行きたかったのかもしれないけど、裕美さんを見守っていたのだと思います。
今ごろは虹の橋で嬉しい再会をしているはず。
ミルクちゃんは苦しくなかったと思う。いつがいいかきっと考えてたんだと思う。
裕美さん、寂しいだろうけど お母さんとミルクちゃんは一緒になれたのだから・・・
でもいっぱい泣いていいの。本当によく頑張ったね。



365catsをお持ちの方へ
2月25日にミルクちゃんが素敵なお顔でご挨拶してくれています。
2007年02月04日(日) 17:43:08   No.3625 (お星様)

moo生誕記念日に むーちゃんへの手紙

今にして思うと 去年は夢みたいだったね。
お誕生日を迎えられたこと嬉しくて たくさんの祝福をいただいて
とってもとっても忙しかったね(笑)

正直言うとあんなに浮かれたから、バチが当たってあなたが病気になったかと思ったこともあった。
血液検査の結果も良かったし、とっても調子よく排泄もできてたし
ずっと未来が繋がっていると思ってたよ。
2007年01月29日(月) 15:59:19   No.3621 (お星様)

お供え
久しぶりにみつけた豆鯵。 お供えしてみた。



めいはmooちゃんコーナーには乗ったりしないし、もちろん悪戯もしない。
で、お供えにもまったく気づかず。
これも猫としてどうかと思うが(笑)

ほんとに小さなマッチ箱より小さい鯵。
将来の鯵の漁獲高に悪影響はないのかしらん。
5mmぐらいに刻んで
(あまりの小ささに痛々しくて、思わず「鯵さんごめんなさい」)
めいに差し出すと アグアグアグ。
あっというまにお腹に納まった。味、分かったのかな〜
2007年01月24日(水) 13:42:22   No.3603 (お星様)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能

新しいアフィリエイト
避妊去勢費用援助専用

「まみむめ・・・も」
めいのブログスタート

日にち指定はカレンダーから

<<  2011年01月 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

2007年04月26日(木)
さくら母さん・・・ 
2007年04月11日(水)
ふくちゃん バイバイ♪
2007年04月05日(木)
まりすけちゃん@うてさん..
2007年04月01日(日)
シッポ君@re-koさん お..
2007年03月21日(水)
ゆうたろう君は永遠に・・..
2007年02月16日(金)
みっちゃん大往生・・・み..
2007年02月04日(日)
沙羅ちゃんが続いてしまい..
ミルクちゃんが虹の橋へ
2007年01月29日(月)
moo生誕記念日に むーち..
2007年01月24日(水)
お供え

介護も日誌もぼちぼちと
^^&(=^・^=)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2011年 /
01月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2008年 / 05月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2007年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2006年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2005年 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
++HOME++

[Admin]
shiromuku(fs4)DIARY version 3.50