♪ むーすけの介護日誌 ♪
2007年08月20日の日記

ハリー君 k/h/sさんからのお知らせ

 
虹の橋へ旅立ったハリーのこと

以前にご心配をおかけしたハリーは7月半ばにおかしいのに気づいてから
1ヶ月あまりの8月20日に虹の橋を渡っていきました。
右目の上にできた腫瘍が元でした。
MRI検査もそれに続く手術、全身麻酔にはハリーの体力、年齢も耐えられないと言うことで
抗生物質と眼圧を下げる神経のくすりとステロイドの投薬治療でした。
はじめのうちは緑内障の点眼薬を使いましたが眼がピッタリとしまらなくなってからは涙に代わる薬を楽になるように使いました。
漢方のサプリなどもあげましたが家中を歩き回って隅っこに場所を決めてからは動けなくなりました。
点滴を受けにいき2時間おきに体の向きを変えてあげ水をスポイトであげて、体をふいてあげていましたが20日の未明に静かに旅立ちました。
ハリーはよく聞き分けるいい子でしたから"虹の橋で待っててね”と心の中で叫んだ介護人のことをいつもお使いから帰ってくる介護人を待っていた姿で待っていてくれるとおもいます。
ご親切なアドバイスを下さった皆様に改めて御礼を申し上げます。
有難うございました。


掲示板へ介護人のk/h/sさんご自身からのお知らせがありました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ハンドルネームの k、クリちゃんが1月に そしてこんどは h、ハリー君が虹の橋へと旅立ってしまいました。
クリちゃんが25歳という老猫会でも屈指の長老猫さんだっただけに・・・
ハリーちゃんの16歳はあまりにも早かった、早すぎるよ、と、
詮無いこととは思いつつ、ハリーちゃんに愚痴をこぼしたくなりました。
これじゃあk/h/sさんが寂しすぎるじゃないのと、クリちゃんの代わりにk/h/sさんのナイト(騎士)でいてあげて欲しかったのになぁ〜

でも ハリー君はk/h/sさん想いの気持ちの分る猫さんだったから
どれだけ悔しかっただろうか。きっと一番悔しかったのは君だったろうね。
発病してたった1ヶ月という短い間だったけど、痛かったろうね、苦しかったろうね。moomamaと同じお薬を使ってたのかもしれないと思うと、切ないよ。
眼圧高い時には、僕は目なんかいらないって、そんなだったかもしれない。
夏に生まれたハリー君、夏にその身体お返ししたんだね。
暑い夏が来るたびに、君を想い出すよ。みんなも私も、そして
最期まで奇跡が起こることを祈っていた君の大好きなk/h/sさんも。

いつ何があってもという覚悟を常に片隅に抱えながらのクリちゃんの介護とは対照的に、ハリー君の病は青天の霹靂、何がなにやらという間の出来事だったことでしょう。mooの介護と重なって思い起こすと、気持ちで分っていることと、受け入れられない部分と入り混じっておられることと思います。
お疲れもたまっていると思います、どうぞご自愛ください。
幸せな猫生をおくったハリー君、虹の橋で会おうね。

ハリー君の写真はごく最近のものをk/h/sさんから送っていただきました。

掲示板へ頂いたメッセージはこちらに転載いたしました。
2007年08月20日(月) 09:44:39   No.4009 (お星様)

この記事へのコメント
beesan  2007/08/24/17:29:59   No.4030
クリちゃんに続きハリーちゃんまでもが。。。
仲良しさんは歩みを揃えてしまうのですね。。
私自身も1年という歳月を経てからですが、
ひこに引き続きひめを失った際は、心も身体も
ぽっかりと空洞になるような喪失感でした。
k/h/s さんご自身、続く介護生活の中で
お疲れや心労がある状況でのお見送りでしたよね。
でも、やっぱり愛ある生活の中で
クリちゃんもハリーちゃんも旅立てて
k/h/s に感謝の気持ちで一杯だったと想います。

どうか、くれぐれもご自愛ください。
そしてハリーちゃん安らかに。
ばにゃぞう  2007/08/22/09:47:04   No.4012
k/h/sさん、心中お察し申し上げます。
本当によく頑張られたと思いますが
介護ってもっとやってあげたかったと
思いがちですよね。でもきっとハリーちゃんは
感謝の気持ちでいっぱいで旅立っていったと
思います。
暑い中の介護本当にお疲れだったでしょう。
ゆっくり休んでくださいね。
ハリーちゃん9日前に旅立ったくろと仲良く
してくれてるといいなあー
2007/08/21/23:46:16
ガラピニャーダ  2007/08/22/09:45:55   No.4011
ハリーちゃん、一生懸命に自分のことを考えてくれて、愛してくれたk/h/sさんにきっと「ありがとう」って思ってくれてるって思います。
どうかお疲れがでませんように。
2007/08/21/20:46:54
n/a  2007/08/22/09:45:25   No.4010
お悔やみ申し上げます。

ハリーちゃんもk/h/s さんも大変な1ヶ月をお過ごしだったことと思います。看病を続けているとお世話の習慣ができてしまっているために痛みのない世界に解放されたことを身体や心が受け入れていくには時間がかかるかもしれませんが、いましばらくお身体をご自愛くださいますように・・。
2007/08/21/15:56:49

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
(0文字まで)
Pass

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
<<  2007年08月 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

2007年08月20日(月)
ハリー君 k/h/sさんから..

+++HOME+++

BBSにもお立ち寄りくださいませ


[Admin]
shiromuku(fs4)DIARY version 3.50