♪ むーすけの介護日誌 ♪
2007年02月04日の日記

沙羅ちゃんが続いてしまいました

免疫介在性貧血の闘病中だった沙羅ちゃんが治療のかいなく虹の橋へと向いました。
この聞きなれない病気に、できることはなんだろうと必至で看護につとめたグロリアさんの気持ちを思うと胸がいっぱいでおかけする言葉も無いのです。
いつも短い携帯メールで沙羅ちゃんの様子を知らせてくれてた。
腎不全にもたびたび起きる口内炎にもそのつど上手に対処してきて・・・腎不全といっても初期だし、
まさか、まさかという思いが強すぎる。
輸血の治療がきっと沙羅ちゃんを元気にしてくれると祈っていた。

今日 めいは3度目の通院で、アレルギー検査のためにかなりの量の、長い時間をかけた採血におとなしく耐えた。
いい子だねめいちゃん、病気が無かったら献血猫さんになれるね、お友達にあげるられるよと褒めたら、 先生に、
いやもっとおでぶさんにならないと献血猫さんは無理だなあ。
うー じゃぁもっと食べるか(笑)
なんて、イノチにかかわるわけでないながらまだ先もみえず憂鬱な診察時間の中で唯一皆に笑みが漏れた瞬間だった。
そのお友達、と私の脳裏に刻まれていたのは沙羅ちゃん。

メインクーンとノルウェージャンのMIXの大柄な沙羅ちゃん。
お家に迎えるときにも、できるだけ母乳を飲んで欲しくて、あれこれと理由をつけながら引取りをやっと生後2ヶ月まで延ばしたという。
1日も早く一緒に暮らしたくて、人間のエゴから母猫と引き離してしまうことの方が多いのに、家族になる前から沙羅ちゃんの健康を一番に考えていた。

どれだけグロリアさんが沙羅ちゃんを大事に思っていたか・・・。
沙羅ちゃんがどれだけ生活の励みだったことか・・・。
あまりに突然の訃報に、お悔やみらしいことも言えなかった。
現実を受け入れられなかった私。
グロリアさんの衝撃はどんなかと思うと言葉がみつからない。。
ただミルクちゃんが一緒だったことを慰めとしたい。
2007年02月04日(日) 09:37:17   No.3638 (お星様)

この記事へのコメント
りん。  2007/02/08/08:12:47   No.3655
闘病していたとはいえ、急なお別れは受け入れるのに時間がかかるかもしれません(経験者です)。ゆっくり、ゆっくり「この世ではさようなら」をして、沢山泣いて想い出してあげて下さい。沙羅ちゃん、写真を見るとなんて魅力的なネコさんでしょう☆心をこめて介護した分、寂しさも悲しさもひとしおですね。グロリアさん、心身お大事になさって下さいね。
nyakojo  2007/02/07/18:42:58   No.3652
突然のお別れでとても落胆していることと思います。
まだまだ難しい病気は沢山あるのですね。

沙羅ちゃんはウチのたろさくんのように素敵な長毛さんだったのですね。
なんだかとても重なってしまい、たろちゃんを抱っこしてしまいました。

グロリアさんとても辛いと思いますが沢山泣いて見送ってあげてください。
やんちゃひめ  2007/02/05/21:53:30   No.3643
沙羅ちゃん、お名前も容姿もとても素敵ですね。
お家に迎える前から健康を願い、母乳をたくさん飲んで欲しいって心構え、見習いたいものです。
免疫介在性貧血って病名は、初めて聞きました。
難しい病気と闘って来られたんですね。
もこもこの毛がとっても立派ですね。
とても魅力的な猫ちゃんですね。

介護人さんのお疲れは、これから出てくると思うので 充分お体を休ませて下さい。
沙羅ちゃんは、グロリアさんのお傍できっと見守って居てくれてると思います。

ままるねこ  2007/02/05/21:39:19   No.3642
ぐろりあさん、沙羅ちゃんとおふたり、どんなにか頑張ったことか。
輸血をしてもらえる猫さんは決して多くないと思いますし、ぐろりあさんの要請で先生も手を尽くされたと思います。母乳のことを伺うにつけ、沙羅ちゃんは一生をその最初から最後までを本当に大切に守られたねこちゃんなのだなぁと思いました。今は逆にぐろりあさんのことを見守ってくれているでしょう。
ありがとうとありがとうの呼応の中にどうかゆっくりとなさっていてください。
megmeg  2007/02/05/17:12:58   No.3641
グロリアさん、初めまして
沙羅ちゃん、とても難しい病気と闘っていたんですね・・・
突然の旅立ち・・・本当に悲しいです・・・

介護の疲れもあると思いますので
どうかどうか、ご自愛くださいね。
沙羅ちゃんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

beesan [URL]  2007/02/05/17:02:54   No.3640
かわいい格好の沙羅ちゃんの写真が
お別れの写真になってしまうなんて。
悲し過ぎます。
突然のお別れの辛さ。
グロリアさんの悲しみを想うとmoomama同様
かける言葉も見つかりません。
ミルクちゃんと共に輝く星になった沙羅ちゃん。
これからは痛いも苦しいもない毎日。
ママとのお別れはきっと沙羅ちゃんの心を
締め付けたと想うけれど…。
グロリアさんのことをその大きな瞳でこれからも
ずっとずっとみつめてあげてね。

お別れはどんなに回数を重ねても
本当に淋しくせつないです。

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
(0文字まで)
Pass

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
<<  2007年02月 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

2007年02月04日(日)
沙羅ちゃんが続いてしまい..

+++HOME+++

BBSにもお立ち寄りくださいませ


[Admin]
shiromuku(fs4)DIARY version 3.50