♪ むーすけの介護日誌 ♪
2006年10月28日の日記

海を越えて
ブルックリンに住むeikoさんが一時帰国した。
実家に戻られる前の滞在先が思いがけず目黒、しかも至近だということがわかり、短い時間だけどお目にかかることになった。
IBDから緑内障(他にもいろいろ)まで病気を持っていたおしょちゃんと私たちををつないだのはインターネット。海を挟んでNYと東京、ままるねこさん経由老猫介護。
話題となった互いの国の獣医療事情のその仕組みの違いには溜息もまじる。
羨ましいところもあれば、介護人として信じられない受け入れがたい実情もあるもの。話してみなければ分からないものだ。
それは多分、国内でも東京と地方の格差と同じ構図なのだろう。

そしておしょちゃんへの想い。
おしょちゃんが永遠の眠りについたのは9月21日。残された選択だった。
最期の最期まで治療を追い求めていたのに、あまりに早過ぎる悪化はおしょちゃんからそしてeikoさんから時間を奪ったのだ。
でもあの時、どうしても両眼摘出はできなかったのとeikoさん。
その気持ちは十分過ぎるぐらい分かる。かすかとはいえ見えている目を残してあげたかったのはごくごく自然なことだもの。
疲れた身体を日本で癒してゆっくりして欲しい。それからかな、時薬は。

誰にもあるのです、後悔も失敗も。自分だけと思ったらそれは違う。
あの時、ちょっと先の未来をみることができたら・・・
でもそれができないから 一生懸命、必死、なのだ。
介護を終えたものどうし、初対面だというのに とてもそうは思えず^^
また不思議な時間を過ごした夜だった。

2006年10月28日(土) 12:02:07   No.3254 (その他)

この記事へのコメント
moomama  2006/11/03/21:26:08   No.3256
私にだってあるんですよ。
とてつもない大失態でした。
あれさえなかったら、あの日が命日になることもなかったと思います。
moomamaがカンペキな介護人だなんて、大きな勘違いをなさってる方多いと思います。

でも・・・ それも必然だったのかもしれません。
そう思えるように仕向けてるのもmooちゃんかな。
みんな 看取りを終えたみんなに 自分を褒めてあげられる日が来ますように。
きっとそれを望んでいるはずと思うから。
私も褒めるまではいかないけど、あれは必然だったと思うようになれるところまで来ました。
心の鍵を 外したってことかな。。
megmeg [URL]  2006/11/03/19:14:01   No.3255
介護を終えたものどうし・・・
eikoさん、きっとmoomamaに会った事で
癒されたでしょうね!
eikoさん 日本でゆっくりなさってくださいね〜

「誰にもあるのです、後悔も失敗も。」
ここで号泣〜〜〜
いろんな方の介護を知る事で
心に掛けてしまった鍵を、そっと外す事ができました。
鍵を外し・・・やっと言葉に・・・

「一生懸命、必死、」
そんな自分を褒めてあげられる日も
きっと来ますね☆

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
(0文字まで)
Pass

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
<<  2006年10月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

2006年10月28日(土)
海を越えて

+++HOME+++

BBSにもお立ち寄りくださいませ


[Admin]
shiromuku(fs4)DIARY version 3.50