♪ むーすけの介護日誌 ♪
2006年05月30日の日記

四十九日の審判(マジに読んではいけませぬ)
仏教でいうと 死者は亡くなってもすぐには成仏しておらず?
亡くなってから次の「生」に移らんとするちゅうぶらりんな「中有」という時期があるという。
そして七日を一期とし×7回、生前の業の強弱と追善供養の功徳の大小が関係して行き先が決定されるのだそうだ(^^;)

手短にいうと 
亡くなって四十九日めに最高裁で判決が出るということらしい。
つまり今は未決期間である。
一番最初の初七日から始まって計7回の裁判。
家庭裁判所やら地方裁判所やらたらい回し? 
もちろん最高裁裁判長は閻魔様。
最終判決で 故人の行き先が決まります。
その間、被告である故人に代わって 遺族が大奮闘せねばなりません。
遺族の頑張りに掛かっているといっても過言ではないのです。
弁護人として大応援団を組織し 
どれだけ故人が立派であったかを訴えたり 故人の罪を晴らしたり 情状酌量をお願いしたり ちょっと勘弁してやってと袖の下を用意したり(藁)

あわあわ.。o○ 
こんな罰当りなことを書いていては mooの肩身が狭いかもしれません。ヤバッ。
ただ、
残された家族の者が死者のために追善供養(回向)をすると死者の罪が軽くなる・・・のかほんとに?
脅かされているようなそんな意味合いで供養するのが追善供養とは露ほども思わず。

ああ・・・いったい私は何を書こうとしているのか。迷走もいいとこです。
真面目な仏教徒の読者の皆さんには謝ります。100回ぐらい土下座します。
また会えるその日に、mooに恥かしくないようにと思っているのになあ。
こんなじゃまずいよなぁ トホホ。

だってだって、mooに審判は要らんのです。行き先は極楽浄土の虹の橋。
そう決まっているのだから。
七七日まで、心静かに追善供養は行います。
花を手向け 猫鈴を鳴らし 香を焚き ご飯だよと呼びかけ 魂にふれて。
  但し、なぜか手を合わせることだけはせず
  (なんとなく違うのだ、何かが馴染まないのだ。mooの供養には)
必然である死を受け入れる大事な道のりだから。
mooにありがとうを伝えるために。

合掌
2006年05月30日(火) 14:25:34   No.2400 (お星様)

この記事へのコメント
moomama  2006/06/03/09:36:04   No.2428
連絡に回れなくてごめんなさい。ありがとうございました。
里親さん決まって、お届けもしました〜m(__)m
元気にしてて可愛がられているようです(*^-^) ニコ

閻魔さまの裁きはそれはもう厳しくて(T_T)
遠山の金さんのような情状酌量はないんだぞと脅かされたんですが(笑)
そう言った父はどうなったんだろうか(藁)
みく [URL]  2006/06/01/23:47:36   No.2427
閻魔様によって生前の行いを裁く審判が終わり判決が言い渡されるのが49日目と言われてますね。宗派によってはいろいろなんでしょうけど

最高裁で裁判長が閻魔さまという発想は面白いです
ネコたちに悪行なんてする子はいないから全員極楽浄土の虹の橋行きに決まり〜

里親さん決まったのですねよかった♪
お知らせしたのちにバナー外しますね

moomama  2006/05/31/00:55:18   No.2418
そうか〜 やっぱりお飾り、お供えは重要なのね。
今日は鰹に青森産のウニよ! 効果テキメンかしら(笑)
毎度の裁きのテーマも決まっているのよね。
そこには猫も登場するから大笑いなんだけど、さすがに書けなかったわ。

で、位が上がったらもう猫には生まれかわれないの?そんなことはないわよね(*^-^)
うらんちゃん。  2006/05/30/23:28:13   No.2416
はい、それは正しい考えです。(大笑)
私も、供養の意味をお坊さんや仏教関係のさる先生に教わって「そうだったのか・・・」と納得したものでした。
7日ごとに裁判が行われて、その時に残された者たちが供物を飾り、供養をしてあげてるとこれが「善を行った」ことになって、悪人としての罪が減じられると聞きました。
この世での生活を経験したものはすべて悪人なのです。猫ちゃんの場合はどうかしらないけど。たしか、葬儀屋さんは猫の場合はお役目を終えて位が一段上がると言ってましたね。とにかくお花や果物やなるべくたくさんのお飾りを供えて、えんま様を静めるのが効果的だとか、線香を焚いてあげるとその煙に載って天へのぼっていけるとか、田舎ではいろいろなことを教わりますよ。
moomama  2006/05/30/21:22:04   No.2411
笑っちゃだめですよぉ(^^ゞポリポリ
書き始めはこんなはずじゃあなかったんですけどね・・・
途中であれ? っと思い始めたら 妙な違和感?怒り? う〜ん言葉が見つからないけど(笑)
mooちゃんに審判ってこた〜ないだろ〜と こんなんなっちゃいました(藁)
ばあば  2006/05/30/17:05:43   No.2402
マジに読んで・・・笑っちゃいました。
大小の裁判・・・moomamaさん面白い!
姉の五七日にタラが逝って、雲の上裁判所が忙しそう!
少しづつ少しづつ時が過ぎます。

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
(0文字まで)
Pass

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
<<  2006年05月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

2006年05月30日(火)
四十九日の審判(マジに読..

+++HOME+++

BBSにもお立ち寄りくださいませ


[Admin]
shiromuku(fs4)DIARY version 3.50