♪ むーすけの介護日誌 ♪
2006年05月23日の日記

三七日(みなのか)

今日は三七日。
これまでずいぶん泣きました。
理不尽な訴えに困った方も何人もおいででしょう(^^;)
声に出して泣いてしまうと、言葉にして訴えてみると、
すごく大きなことだったものが
ちっぽけな 本当に大切なものから比べたら いくらのものでもないこと
が見えてきます。
お付き合いくださったみなさんありがとう。

ミミちゃん訪問によって 時薬も 三段跳びとはいかないが
じわ〜っと効いてきているように思える。

5月は厳しい。ここを乗り越えよ、老猫たちよ(祈)
2006年05月23日(火) 03:25:31   No.2325 (お星様)

この記事へのコメント
moomama  2006/05/26/10:54:27   No.2346
薫さんありがとう。泣き笑い忙しかったね。
私、おなかがぽんぽこりんでしたよ。
でもね、お迎えは断わっちゃってたのよ。
少しでも長くお話できるかと思って。
案の定、○田急 落雷受けてましたわ(笑)
[URL]  2006/05/26/00:54:29   No.2344
昨夜はカイチョ〜のお話を聞けてほんとによかった。mooちゃんのお話を聞いてる時、そして千太のことを話してる時、まるでそこに千太がいるような不思議な感覚に襲われました。話したくても聞いてくれる相手がいないことも多々ある・・・でも私たちには心優しい猫仲間がいるから幸せだよね。moomamaが帰った後、ク〜タン@Mayu-☆さんがジッと玄関にたたずんでいた姿が忘れられません。moomama、今でもカイチョ〜はあなたの傍にいるよ♪
moomama  2006/05/25/09:28:06   No.2343
うらんちゃん。
そうだね、7週間。ううん、もっともっとちゃんと一緒だよね。
今ちょっと、ちびっこいのに感けててごめんニャ(>_<) だけど。

マチュさん
五感の中でも嗅覚が残っているみたいなの。
ふっと 鼻をかすめるんですよ。
私にとってはよい匂い(*^-^) 普通はそうは感じないとおもう種類のものなんだけど(^^;)

Mintmama!
時薬の効き方も 1歩進んで2歩下がるなんて時もあるのかもしれませんけど、ボチボチいきますね。

GANBARUNEKOさん
ほんとそうですよね。
生きているときにも言えることだし、逝く時その瞬間にも、その後についても。
猫からの方が学ぶことも多くて・・・いろんなことを鏡のように映してくれるし。

ちかさん
カニカマは紀○でお願いします。
これだとmooもおじゃまするかと思いますよん。
って、もっと美味しい地元ものがあるのかしら(笑)
来年の今ごろ・・・う〜ん まだ想像つかないなあ。。
ちか  2006/05/24/22:06:15   No.2340
愛しい旅になりましたね。お帰りなさい。
ミューも もうすぐ1年になります。
早かったような、遅かったような、なんとも不思議な感じ。
当日は彼女の好物を集めてカニカマパーティの予定です(笑)
moomama、ゆっくりゆっくり元気になぁれ。私達は立派な猫生を見せてくれたニャンズに笑われない様に人生やればいいんだから、さ。(^^)
GANBARUNEKO [URL]  2006/05/24/16:51:36   No.2338
お帰りなさい。
とってもとっても神秘的な、まるで呼び寄せられたような
猫たちの思惑通りの旅だったようですね。
思うにヒトが亡くなるときや亡くなった後は、ここまでコントロールできないんじゃないかって思います。生き方に関連して変わってくると言うか。ところが猫たちはヒトと違いなんの邪念も無くただ自分に素直にピュアに生きたからこそ、さまざまな形でのサポートがあるように思えてなりません。
nyakojo  2006/05/24/16:06:40   No.2336
moomamaさんおかりなさい
ミミちゃんと対面できてよかったですね。きっとmooちゃんとミミちゃんの魔法ですよ。
そしてその魔法は時薬ばかりじゃなくて色々なミラクルを持ってくると思います。

昨日にゃあとあった場所の近くまで行って来ました。来週にはここから引っ越すので早いうちにと。
あれから13年も経つからかなり様子は変わってたけど、思い出はいつまでも一緒のまま。とても懐かしくもあり、寂しくもありまさに悲喜交々でした
Mintmama!  2006/05/24/14:37:12   No.2334
もう三七日なのですね。
日にち薬が、悲しみを癒してくれるとか、現実を少しずつ受け入れていくんだとも言うけど、その一方で、日にちが経てば経つほど、moomamaとmooちゃんの魂はどんどんもっともっと、くっついていくんだと思うな。
イラストの様に、いつも一緒、ず〜っと一緒だよね。

マチュ  2006/05/24/10:36:00   No.2329
早いですね…三七日。悲しみや寂しさが癒える時間よりも、過ぎていく日々のほうが圧倒的に早くて、なんだか取り残された気分になります。わかっていても、いないつらさに発狂しそうになります。もう五感を総動員しても感じられない存在になってしまった今、六番目の秘められた感覚でmooちゃんとコンタクトをとってくださいね(^_-)。
うらんちゃん。  2006/05/24/08:51:07   No.2328
後姿のmoomamaとmooちゃん。
なんて人を惹き込むイラストなのでしょう。
moomamaさん、すこしづつ元気を取り戻してくださいね。 でも、mooちゃんのスピリットはまだ7週間の間はまわりにいてくれると思う。 ミミちゃんともあわせてくれたしね。

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
(0文字まで)
Pass

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
<<  2006年05月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

2006年05月23日(火)
三七日(みなのか)

+++HOME+++

BBSにもお立ち寄りくださいませ


[Admin]
shiromuku(fs4)DIARY version 3.50