♪ むーすけの介護日誌 ♪
2006年01月05日の日記

新年の来訪者
グランマを初め、今年は珍しくグランマ一族が来訪。
開口一番、「mooちゃん痩せたねえ」口を揃える。
そうだよねえ、2年ぶりぐらいに会えばその変化は大きいよ。

今日は甥がやってきた。
以前には遠いところペットシッターのバイトをしてくれたこともありmooちゃんファンの強い味方だ。その甥の全く後先考えないが、ちょっと嬉しい話。
昨3月のこと、深夜のバイト帰りに一目で交通事故と分かる猫に遭遇。
出血はないが重症なのは分かり、痙攣しているように見えたと。
24時間動物病院を携帯で探してなんとか八王子に発見。ついでタクシーを探した。車が拾える間、何度も同じ白い車が猫の様子を伺う気配で通り過ぎてたそうだ。事故の猫に気が付いたのか、はたまた轢いてしまった本人か。

その間、動かしたら逆に危険かもと猫にはTシャツをかけて待っていたそうだ。
Tシャツで包んだ猫を抱えて乗り込むと、どうした気の使いようか運転手さんが嫌がったら困ると思って「飼い猫の具合が悪くて」と言い訳したそうだ。
とは言ってもすぐに見破られて(^^;)「事故ですか、かわいそうですねえ」と声をかけてくれたそう。
メーターが4,000円を超えたあたりで、その猫さんの呼吸は止まってしまったそうだ。それから自宅近くまで戻ってタクシーを降りて、近所の同級生にケータイを入れる。
そこからが若者だ。一人では恐かったので友達に手伝ってもらって二人で公園に埋葬したのだと。午前4時に呼び出しに応じる友達、いいね若いって。Tシャツに包まれた動かない猫を抱いてべそをかいてる友だちを見て何を思ったろうか。
お金は持ってたのかと聞くと、財布に1万円があったという。タクシー代で消えた。病院の支払いは免許証を置いて帰るなりすればなんとかして後から用意すれば良いと思ったと。

動物病院へはどう連絡したのかと聞くと、「事故の猫を診てもらいたいと伝えた。」
なんて言われたのと問うと、「治療費はお支払いいただきますからね」と強く言われたと。やって来なかった電話の若い男の子、病院はなんと思ったろう。
治療費が心配で来なかったのだろうと、多分そう思っただろうなあ・・・

面と向かって優しい言葉をかけるのも照れくさいおばさんとグランマは、
暗闇で猫を抱いて・・・まさしく変な行動の学生、虐待してるなんて職質されなくて良かったねえと(笑) お年玉の奮発はグランマに任せるとして、、、おばさんは動物病院に行ってたとしたらの治療費の額を伝えることはできなかった。

あっというまに冷たくなっちゃったんだよと、目を潤ませる。
mooちゃんの時にもお別れに来てくれる? と聞こうとして止めたおばさんであった。

ラクツロース2mlに増量 排便なし

2006年01月05日(木) 14:28:29   No.532 (ネコ談話)

この記事へのコメント
うらんちゃん。  2006/01/06/23:56:49   No.538
読みながら涙がこぼれて感動してしまいました。さすが、moomamaさんの甥っこさんですね。Tシャツにくるまれて優しいお兄さんに抱っこされて、魂は静かにからだから離れていったのでしょう。友人のKちゃんの可愛い猫ちゃんも交通事故にあって1歳の若さでとびだってしまいました。その時、やっぱり抱き上げてくれたおばさんがいて動物病院まで連れていってくれたのです。交通地獄は可哀想だったけど、最後に触れた人間は心優しい人でよかった。
moomama  2006/01/06/00:27:44   No.536
ありがとうマチュさん。
今日まで里親募集をしていた交通事故から生還したと思われていた猫さんが突然のようにお引越してしまいました。ありがとうの気持ちを込めて、保護主さんとの暮らしでこの地べたの世界に留まっていたのかもと想いを馳せていたりしています。
マチュ  2006/01/05/15:42:03   No.534
甥っこちゃんに感謝です…(T_T)。
亡くなった猫ちゃんも、最期にあたたかく抱いてくれた人がいて、どんなに嬉しかったことでしょう。猫ちゃん、きっと迷わず虹の橋に行けましたよね。

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
(0文字まで)
Pass

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
<<  2006年01月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

2006年01月05日(木)
新年の来訪者

+++HOME+++

BBSにもお立ち寄りくださいませ


[Admin]
shiromuku(fs4)DIARY version 3.50