♪ むーすけの介護日誌 ♪
2005年11月19日の日記

救急措置後 3:20〜9:00
部屋に戻るなり、まずお湯を沸かして保温の準備。
こたつの保温でもなんでもいいからとにかく温めてくださいと。
床暖房も最強にする。

テーブルの上に置かれた救急診療の注意書きに 手書きで加えられた
二重丸と 体温 37.4度 の文字。
「今この子の体温は37.4度ですが、どういうことかわかりますか?」と問われて「はい、低いですね」と答えたものの、その低さ、危険度はなんとなくよその話し、遠いところの会話のような気分だった。


たとえ様子が普通でも低体温は危険です という注意書きにまさか という思いと、全力で対応せよという声が耳元で聞こえてくる。

保温の準備をしたくても でもmooから目を離したくない。
一人だったら本当に泣きたくなるだろう。
ペットボトルに湯を入れて、保温ケースに入れたりタオルで巻いたりいくつも用意して運ぶ。mooはベッドでmoopapaの隣。
頭を後ろへ反らせて、上半身が弓なりになっている。
硬直といっていいのか、痙攣と言っていいのか・・・ 
目力も無い。mooとはまったく別猫のよう。
呼吸は相変わらず荒く落ち着く気配はなし。1分間40超。

うまく保温できない。
介護人からの低体温のSOSに 「保温してあげてね」
なんて軽々と答えていたことだろう。
保温・・・簡単には行かないのだ。

ペットボトルに囲まれるのを嫌がるので、部屋を移した。
コタツはなんとなく脱水が心配なこともあって避けたかったが、輸液もしたことだし平気かなと小春ちゃんに戻してあげる。

ここからがまたmooらしい混乱状態がスタートした。
輸液によって体のバランスが変わり、それを受け止められないためのパニック。

こうなると抱っこが一番。
とにかくmooちゃんが落ち着く方法を取ることが一番ですからという主治医の言葉が聞こえてくる。
1時間ほどで反り返る動作は消えたが
明け方近く、どうしても落ち着かないmooを自由にさせてやる。
5分おきに手足をばたつかせて 移動する。 その距離1mたらず。
歩いているのではなく・・・それでも場所を変える。
繰り返し繰り返し繰り返し 疲れないのかい?

瞳は見開かれたまま眠ることは無い。
移動の様子はまるで丸太でできたピノキオがばたついているよう。
結局 mooが寝ることは無かった。

9時を待って主治医に電話をする。
状況を説明して、昼過ぎには往診に来てくれるという。有り難い。

水はぬるま湯に、食餌はさせて良いという指示。
ナックルの治まったmooは明け方からやたら水は飲むようになっていた。

2005年11月19日(土) 23:10:52   No.304 (往診/獣医さん所見)

この記事へのコメント
moomama  2005/11/22/18:09:12   No.323
お洋服は是非一度は試して置かれると良いと思うんですよ。意外と洋服OKの猫さんはいて、適性があると思うの。mooは以前にお試し済みで、もう身体が強ばってしまって動けず(笑) 足腰が不自由なことも障害なのかな。
コタツは私も実は心配していました。が、摘便されたうんちの状態は良い感じ(笑)でたまたま栓になっちゃったというだけと今回は思っています。いま、部屋中加湿してます。
ちこねぇ  2005/11/22/11:10:04   No.316
最初にmooちゃんの具合が急に悪くなったって書き込み読んだ時、こたつの乾燥が良くなかったんじゃないかと思ってあせってしまいました。お洋服は、普段から着せていないと難しいですよね。
moomama  2005/11/22/09:17:52   No.312
ふみ母さん、大丈夫ですか?日常生活にも支障? だめだめ、ふみ母さんの腎不全報告なんて聞きたくないからね〜 養生してくださいね。
表面だけが熱い・・・なるほどぉ。部屋全体も暖房はしたけど、38度は無理な話し(^^;) どんなふうに温めたら一番気持ち良いのかしらね。マットもコタツもみんな拒否して落ち着かなかったの。mooの場合お洋服はストレスで固まっちゃうから使えない手だし。
ふみ母@療養中  2005/11/22/08:10:33   No.311
先週から生まれつきの腎臓奇形に悪さされて療養中のふみ母です。
まだ腎不全までには至ってませんが老猫さんたちの気分を少しばかり味わっているかも?と思いますが。
低体温の時ダイレクトに暖められるのは私にとっても苦痛でした。体の中は寒いのに表面だけが熱く感じられるんですよ。
参考になるかなぁ???

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
(0文字まで)
Pass

この記事のトラックバックURL
http://oldcat.moo.jp/cgi/sfs4_diary/sfs4_diary_tb.cgi/20051119304

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
<<  2005年11月 >>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

2005年11月19日(土)
救急措置後 3:20〜9:00

+++HOME+++

BBSにもお立ち寄りくださいませ


[Admin]
shiromuku(fs4)DIARY version 3.50