♪ むーすけの介護日誌 ♪
2005年11月19日の日記

救急隊出動要請 2:00〜3:20
このまま明日朝一番で主治医にSOSを出すまで待てるかどうか・・・待てないと判断して呼ぶことにしたのはアニマルドクターカー。動物の夜間救急専門医。http://www.help-life.com/index.html(動物救急)

以前から何度か掲示板でも話題にしていたから、金額も連絡先も見当はついていた。
 救急を呼ぶ決心をする直前のmoo。

それでも先生の技量は? 救急車の設備は? と不安が無いわけではない。
深夜です、間違い電話は迷惑ですとサイトにある。
深呼吸して慎重にプッシュ。
この2時間ちかくの状況と腎不全であること必要事項を伝える。
自宅前に到着したら連絡をくれる手はずに。40分ほどで行きますとの返事。
この40分が長かった。
暗くした寝室でずっと抱いていたmoopapaはさらに長く感じたらしい。
すでに体力を使い果たした本猫は、その間ぐったり抱かれるまま。

mooが家を出て病院へ行くと硬直する病癖があることだけが難関。
いまのmooが危険と自己判断していることと、診察によってあらたな痙攣を引き起こすのと本当はどちらがより危険なのか、考えただけで胸がドキドキしてくる。
今一度、注意点やら費用を読み返そうとパソに向かっているとメール着信。
こんな時間に起きてるのか〜(笑)
「moo急変でこれからドクターカーが来ます。」お約束のキャンセルを短く返信する。
これでなんとなく、気持ちが決まった。という感じ。

電話が鳴り・・・とりあえず車へmooを連れて行き、様子がおかしくなったら部屋で診てもらうことにして(基本は車内で診療)、mooをフリースの毛布に包んで部屋を出る。ヒト二人に会話はない(^^;)

乗り込んだ車は、ワンボックスの改造車。午前2時45分。
白い車体のお腹にアニマルドクターカーの赤文字 だったと思う(^^;)

先生は小柄なボーイッシュな女性。
電話での説明をもういちど簡単にして、、、診察。

心拍数、呼吸数が異常に早いこと、歯茎が真っ白なこと、これが普段とどのぐらい違うのか初めてかなのか回答を求められるが答えに窮す。
初めてかと言えば、これまでも危機はあったし、いつものわけはないじゃないか(笑)
とりあえず、原因となった運光さまを取り除きましょうということになる。
特に溜まっている感じはないですとの診断だが、それはそのはず。ちゃんと1日おきに出しているのだから排泄困難であってもひどい便秘というのとは少し違う。明らかに見えていた栓となっている運を取ってもらいたいというのはこちらの希望。
「しつれいしま〜す」とmooに声をかけて、摘便開始。
手際よく あ、これねと 塊1個。まだあるわよね ともう一かき。
もう少しやりますか? と聞かれてせっかくだから ハイお願いしますで、さらに1個。
これで少しは楽になってもうあんな息み方はしないでくれるはずと安堵した。

のも一瞬のこと。
引き金が排便だったとして、次にmooの現状。
突きつけられたのは低体温。このまま下がり続けたら死の危険もあるとさえ。
ともかく今夜は保温してくださいと指示すると同時に、
温められたソルラクトの輸液バックを数個、mooの身体の周りに並べる。
ソルラクトで保温された猫って、mooが初めてかもとちょっと可笑しかった。
mooの目線は泳いでいてほとんど反応しない。見えてないのかも。

嘔吐が多かったことで当然のように補液。
輸液が苦手な子であることを伝えて、朝9時までの水分補給を目的とした80ccに決め、タガメット、ビタミン、抗生剤を混入。
心拍呼吸異常と低体温対策としてステロイド注射。代謝を高める必要があるという。
針刺の度に、撫でながらしつれいしま〜すと声をかけてくれる(^-^)
mooが悲鳴をあげると やだね〜やだよね〜と励ましてくれる。

この辺りから、mooの体が弓なりに反り始める。いよいよ危険。

明日には主治医の診察を仰ぎ、今夜は保温に最大限の注意を払うこと。
ご飯、水はしばらく与えないことという指示。

そそくさと会計をすませ、礼を言い ドクターカーを後にした。

治療費は細かい明細があり、基本料21000円と薬品、処置費用で
合計 25,800円 後から分かったこと カード払いもOK。
週末資金で現金がお財布にあることを分かっていたので依頼できたけど、お金が無い時だってあるはずだし、カード払い可能とは・・・妙に納得(笑)
2005年11月19日(土) 16:55:49   No.286 (往診/獣医さん所見)

この記事へのコメント
moomama  2005/11/22/00:15:23   No.307
応援ありがとうございます。本当に心強く受け止めています。mooも私もパニクッていて情けなかったのですが、またこの経験を生かして情報交換がしていけたらと思っています。でも普段掲示板やメールでやり取りして教えていただいたことが蘇り、心丈夫なことがどんなに多いことか。ありがとうございます。お一人お一人にお礼が書けませんことお許しください。
たまちゃん [URL]  2005/11/21/16:43:55   No.303
mooちゃん、危機を脱したとのこと、ホッとしました〜。
moomama、moopapaさんの的確な判断と介護、それにmooちゃんの生命力が揃っての回復だと思います。(^-^)
力を合わせてmooちゃんを守る、それにmooちゃんが応えてくれる…緊迫した状況の中でも、そんな心の交流があったのでしょうね!
ドキドキハラハラをそんなふうに乗り越えていきたいものです〜。mooカイチョー、頑張れ!!
かおりん  2005/11/21/14:14:43   No.302
掲示板見てビックリしてこちらにきました、ドキドキですよ〜(TT)
でも少しずつ落ち着いてきているようで安心しました。
mooちゃん頑張ったね、踏ん張りケーはつらいよね、人間だっていきみ過ぎるとクラッとする時があるから、酸欠が原因だったのかな。
mamaのゆう事聞いて、暖かくしてたくさん寝てね。
kazumi  2005/11/21/12:13:43   No.301
大変でしたね。
昨日、ネコばか隊から聞いていて、
だいじょうぶになった。ということだったので
ちょっこし安心して日記を読ませてもらいましたけど。。。
とってもドキドキしてしまったわ。
早くよくなるように、私もお祈りしてますから。。
裕美  2005/11/21/07:45:31   No.300
ドクターカー!と伺っただけで本当にドキドキしてしまいました
moomama 大変なとき 詳しいレポート&動画も見せていただいて ・・
moo ちゃんが けなげに頑張る姿、胸が熱くなりました。
これからも ガンバって 病気に負けニャイでね!
rei  2005/11/21/07:24:47   No.299
ドキドキしながら読みました。
救急カー、私は使ったことはないけれど、電話だけはしたことがありました。
その時に電話に出て下さった先生も親切丁寧で良い院長をもちました。
mooちゃん、落ち着いたようで良かったです。
mooちゃんが体調回復して穏やかに楽しく過ごせますように!(-人-)
た〜こ [URL]  2005/11/21/01:38:42   No.298
遅まきながら、私も手に汗で拝見しました。あ〜、落ち着かれたようで本当に良かったです。は〜。
moomamaさん、何も出来ませんがmooちゃんが穏やかにご飯美味しく食べれるようにたくさんたくさん祈ってます。
おかる  2005/11/21/00:55:34   No.297
大変でしたね。文章を読んでいるだけでも息が詰まりました(; ̄ー ̄A
でも落ち着いたようで本当によかった。
動画も見せていただきありがとうございます。
痛々しいアンヨ。。辛かったね。。カイチョー。
お体壊しませんように…。
頑張ってくださいp(・∩・)q
beesan  2005/11/21/00:17:01   No.296
ふんばり&げーが引き金だったんですね…。ひめもこれで2度大変な事になったもの。moomamaの奮闘が目に浮かびました。日常の事さえも老猫には特別なものなんだよねぇ。でも本当に危機を脱してくれて良かった。嬉しいです。とっても。
nyakojo  2005/11/20/23:39:28   No.295
取り敢えず峠は越したようで。
まだ油断はならないかもしれないけれどよく休んでくださいね。
そうすることで、きっとmooちゃんもリラックスしてくれると思うので。。
[1] [2]

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
(0文字まで)
Pass

この記事のトラックバックURL
http://oldcat.moo.jp/cgi/sfs4_diary/sfs4_diary_tb.cgi/20051119286

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
<<  2005年11月 >>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

2005年11月19日(土)
救急隊出動要請 2:00〜3:..

+++HOME+++

BBSにもお立ち寄りくださいませ


[Admin]
shiromuku(fs4)DIARY version 3.50