♪ むーすけの介護日誌 ♪
2005年11月19日の日記

moo急変 0:30〜 2:00
日付けが変わってから3通のメールを送信してさあ寝ようかなと言うときに、なにやらmooが鳴きだした。
ははん、運光ちゃんしますよ〜の合図と了解。
でもあんまり時間がかかるようなら寝ちゃうわよ、ぐらいの呑気さでいた。

一度では出せなくてトイレから戻ってくる。これはいつもの事。
嘔吐・・・ありゃ今週2回目。しかもチーズ味のゲーちゃんだね。暗雲(-_-;)


それからがmooの孤軍奮闘の1時間半だった。
mooにとっては(私にとってもだが)長い長い苦しみの時間だった。
繰り返した嘔吐は十数回。
救急車を呼ぼうと決める直前の嘔吐は身体を起こすことはなくて横倒しのままの状態での嘔吐の繰り返しだった。
オエゥっという音ばかりで、もはや出すものはほんの僅かの液体だけだった。

その嘔吐の合間になんとか立ち上がって息み、出すべきものを出そうとするが、どう手出しをしていいのか・・・
足が滑らないようにと車止めを作るがびっくりして足を蹴り上げるし(T_T)
だっこしてのウンチングスタイルも拒否。

横になりながらも踏ん張るmooを見て、手伝おうと決意。
トイレシートも敷いて かすかに入り口に、出口か(^^;) 見えかくれすることもある運光さま。多分、それが栓になってしまっているのだろう。
だが悲しいかなそれをどうやって引っ掛けて出してあげるかが・・・思いつかない。綿棒でつつけばもっと奥へ行ってしまうし、耳掻きなんてないし、人間のヘアピンは危なそうだし・・・あ〜ん頭が回らないよ〜

mooちゃん、もうちょっとだけ出してよ〜 つまんであげるからア

本猫も私も必死だったけど、実は滑稽さもあってこれさえ出れば楽になれるからと、そう切迫感はなかった。既に就寝しているmoopapaを起こしても特に出来ることはないからと一人でmooを看ていた。

リビング中を這い回り、横になったまま力を入れている必死な表情。
聞こえてくるのは腹鳴と胸がゲボゲボする音。
息んでも息んでも 出るのはポタポタ流れ出るしっこ。

mooの身体はしっことゲーと、わずかに流れ出る運まじりの粘液で汚れ放題。
ティッシュの箱もあっというまに空になるが、それを取りに行くこともできない。目を離すのも嫌だから。ああ、こんな時一人で看ている介護人はどうしているのだろうとふと思う。

完全に立つ力もなくなり呼吸も異常、横倒しのままのmooに 
このままでは危険?という思いがよぎる。
時計を見上げると午前2時をさすところ。
寝室のドアを開けて 救急車を呼びたいの とmoopapaを起こす。
初めて涙がこぼれた。
飛び起きてmoo抱いていてくれる間に、パソコンを立ち上げて 掲示板お手手の検索をかける「救急」でヒットしたレスの主は自分自身。
同時にメールを着信。薫さんから。短く、これから救急診療に電話すると返信。
分けのわからん返信を貰った薫さんは良い迷惑だったろうが、なぜかそれで落ち着いて、深夜救急に電話をすることができた。

公開するべきかどうか迷ったけど・・・
http://oldcat.moo.jp/cgi/11-19.MOV
こんなに頑張って排泄するmooの姿。観て欲しいと思ったからアップ。
床に黒い汚れがみえるのは漏れたシッコ。
10メガあるので無理な方もいるかと思うが。
前脚のナックルは日常的だが、、、
排泄時の後足完全ナックルはここ最近のこと。
主治医に観てもらうための画像として記録した。
人間でいうと足の甲で立っている状態。




20年前、意識の無いmooを前に夜間にも関わらず飛び込みで電話をして看てもらったことがあるが、その時の電話は死んじゃうと泣きじゃくるばかりでさっぱり要領を得なかったはず。困った先生が「いらっしゃい」と言ってくれて輸液してもらったことがある。自分も成長したなあ・・・ でもあの時のT先生あってのmooの20歳。感謝。 ちなみにお酒を召して良い気分だった先生の顔は真っ赤だったのを覚えている(笑)



2005年11月19日(土) 12:00:36   No.282 (排泄困難)

この記事へのコメント
moomama  2005/11/24/13:10:06   No.344
猫のおかしらさんお元気でしたか〜
メールお返事が遅くなりますが、くださ〜い(笑) 未着が最近もいくつか判明していますので、開封確認つけていただくと確実ですぅ。

Mintmama!〜 御身影さまの効果は絶大でした。ビールも大丈夫そう(笑)
小春ちゃんを本宅にすべく、お守りも全部お引越しました。
Mintmama!  2005/11/20/22:17:49   No.294
緊急事態にも冷静沈着な対応、さすがmoomamaだね。
動画は公開を迷ったとのことですが、痛々しいながらも頑張るmooちゃん、やっぱり可愛い、永遠の童女です。
こんな事言える状態に回復するまで踏ん張ってくれたmooちゃん偉かったね!!
それを支えたmoomama&moopapa お疲れさま。このコメントを書けるって事が今一番うれしいです。
猫のおかしら  2005/11/20/17:05:37   No.287
大変お久しぶりです。
mooさんはいかがでしょう?復活中でしょうか?メールいたしたく ずるずるしています。
ガンバレ〜〜ガンバレ〜〜mooさん!
痛いことやしんどさが少しでも減ってよい時間が増えますように!
moomama  2005/11/20/15:38:46   No.285
一度に全部かけなくて途切れ途切れに更新してます。全貌が明らかにならずにごめんなさいね。GANBARUNEKOさんの先日の救急SOSが役に立ちました(^^;)情報もですが、気持ちの準備もです。他人(自分以外のという意味ね)にあれこれアドバイスするのもシュミレーションで学習のひとつかも。避難訓練みたい?(笑)
うらちゃん。、低体温は救急の女医さんにすごく危険だと言われて焦ったものだから。あの診察から主治医に看てもらうまでの間の一番のすべきことが体温保持だったのですよ。
うらんちゃん。  2005/11/20/14:47:32   No.284
mooちゃんの頑張ってる姿感動的です。
足が自由にならなくて、どんなにもどかしい思いをしているか言葉にならないでしょうね。お手手を読んでいたときは、体温の低いことが問題なのかと思っていましたけど、実はその前にこの発作があったのですね。
生きていくこと一刻一刻がたたかいですね。
GANBARUNEKO  2005/11/20/13:57:54   No.283
すごく大変だったのですね。
動画のmooちゃんの頑張る様子を見ていて
どうしていいか分からず見守っていた
moomamaの気持ちを考えると胸が痛んだと同時に
mooちゃんの生きるエネルギーも感じました。
お話には聞いていましたがあんな風に足がなっていたのですね。
なんだか攣ってしまったように見えました。

今はmooちゃん眠れたのでしょうか?
掲示板にも書きましたがほっとしました。
レスは放っておいて今はmooちゃんとmoopapaと一緒に
ゆっくり休んでくださいね。

動画アップしてくださってどうもありがとうございました。

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
(0文字まで)
Pass

この記事のトラックバックURL
http://oldcat.moo.jp/cgi/sfs4_diary/sfs4_diary_tb.cgi/20051119282

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
<<  2005年11月 >>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

2005年11月19日(土)
moo急変 0:30〜 2:00

+++HOME+++

BBSにもお立ち寄りくださいませ


[Admin]
shiromuku(fs4)DIARY version 3.50