♪ むーすけの介護日誌 ♪
2006年05月22日の日記

高山紀行
20日 午前5時半 念願の高山へ出発
幾度となく高山へ行きたいと言葉にしつつ mooの介護やらで実現しなかった。
mooが風になったからこそ行けるというのだから 成就せねば。

7時45分頃 びっくりするような光景が飛び込んできた。
虹! 大きな太い虹がハンドルを握る私の前に現れた。
中央道八ヶ岳付近。標高600mのあたり。
写真も撮れずmoopapaは隣で爆睡中(笑) 
仕方なく一人、ゆっくりと虹のしたをくぐり抜け

これはどういう意味? そう考えるとドキドキもした。
mooが何かを訴えてるの? なんのメッセージなの?

答えは今日分かった。
茶とら白の冠猫ミミちゃんがmooとほとんど同じ時間に虹の橋に向かった。
あの日、車を走らせた先はミミちゃん。
mooが星組を総動員して 2日間の猶予をくれたのだと。

ミミちゃんのおしっこが数日前から出なくなりだしていた。
mimimamaが面会が間に合うかどうかと、相当焦っていたから
厳しいのだろうという現実と ミミちゃんだものという妙な安心感とが交錯するなか
ともかく 真っ先にミミちゃん訪問。

ミミちゃんは強い眼差しで私を迎えてくれた。
それがこの写真。
 
きりりとしたミミちゃん。昨日まで立てなかったのよというが
むっくり起き上がって ンギャ〜 と挨拶もしてくれた。
わ〜い ミミちゃんだ。
具合が悪いのも省みず、身体中なで回したい衝動に駆られる。
人生○十年の理性をこれでもかと総動員して、どうにか踏みとどまり
ミミちゃんのお許しを得て(いや、得てなかったかも^^)
茶とらのシッポをスルゥ〜スルゥ〜と握らせてもらう。
あうぅ スイッチがぁ ヤバイ。あたし、お見舞いに来てるのに(>_<)
毛色はmooと同じ。毛の柔らかさも同じ。
ミミちゃんの方が毛の厚みがたっぷりで 倍量はあるかな(^^;)と違うぐらいで、目を閉じてたらmooちゃんの感触そのもの。

そして何より ミミちゃんの薫り。
mooの闘病最期の薫りと同じだった。
闘病が蘇って辛いという意識はほとんどなくて、ただただ嬉しかった。懐かしかった。
人はおそらく それを「臭い」と変換するだろう。
お口を気持ち悪そうにクチュクチュさせて 黄色く涎がついたお手ても
そのお口そのものからも その匂いは出ていた。
猫神様から授かった身体、完全燃焼させてお返しする時期が近いことを知らせる匂いでもある。
それでもミミちゃんの目力をみると ほんとにそうなの? という気持ちになる。
2時間あまり あれやこれやと語りあって 明日もう一度会う約束をしておいとました。

そしてその翌朝 ミミの具合が良く無いので、観光前に会いに来てもらうほうが良いかもとメールが入る。
確かに輸液の効果も出ていないし、なによりオシッコが作られていないようだ。
身体を起こすことはもうなくて、静かに横たわっている。
ただ、サラちゃんがワン!と吼えるたびに 反射的に顔を起こす。
この反射がなんとも素早くて 老猫、しかも具合が悪いとは思えない。
ミミちゃんは 
「サラがうるさくて三途の川から呼び戻されてるのよ」
と言わんばかりにムッとしているの図−なり(笑)
抱っこは叶わなかったけど、お庭の散歩姿は見られなかったけれど 2度もあえた。
2日目は moopapaも一目会いたいなと、おいとま間際に乱入(^^;)
ミミちゃんのうつ伏せ寝の可愛さにノックアウト。
 
うつ伏せ寝はこんな感じ 
お腹の痛みをかばってるのかなと思うとちょっぴり切ない。
かわいいピンクのタオルを投げ捨てて、ミミちゃんの全身をなで回したい願望をmoopapaが抑えられたのは何よりだった。
mimimamaが席を外さなかったのが幸い(笑)

ミミちゃんに何があっても 天寿と受け止める覚悟のmimimama、
ただただmoomamaの訪問までは待ってようねと 踏ん張ってくれていた。
静岡からmimimamaの嫁ぎ先高山へやってきたミミちゃんの適応力はすごいものがある。
mimimamaがミミちゃんを守って来たのとそっくり同じぶんだけ
ミミちゃんがmimimamaを支えて来たのだということが 分かった旅だった。

そして今日
12時37分 あ、時間だわと。
シンデレラに許された時間を守ってmooをはじめたくさんのお友達が待つ
苦労の無い世界へと旅立ちました。
壁の景色を目に焼き付けてね(=^・^=)

苦労の無い世界に行くと 痛いも苦しいも見えないも聞こえないも ありません。
でも、ミミちゃん、絶叫は趣味ということで よろしくお願いしますニャ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

週末 ネット落ちして旅した先は 茶とら白ミミちゃんに癒してもらう旅でした。
場所は高山。こじんまりした風情のある街。
その街のど真ん中一等地に 一夜の宿を求め
美味しい会席料理に舌鼓を打ち、温泉につかり mooを偲び、ミミちゃんに祈り、
(マジ美味しかったです。飛騨牛サイコー 鮎の稚魚って食べちゃってもいいものか、頭からガブリ。山菜にお刺身、朝食の定番ほうば味噌は外せない。手が込んだ見た目にも美しいお料理はやっぱり酒がすすむ!)
飛騨の里をゆっくり散策して やっとmoomamaの穴倉生活の終焉を確認したのでした。
mooもいっしょに。

2006年05月22日(月) 03:04:54   No.2324 (お星様)

この記事へのコメント
うらんちゃん。  2006/05/24/08:43:41   No.2327
moomamaを迎えてくれたミミちゃんのまなざし、ほんとにきりっとしていてりっぱです。
はるばる高山まで会いにいった甲斐がありましたね。ミミちゃんはmooちゃんにそっくりだけど、うつぶせ寝のお写真やしぐさやmimimamaのお話を読んでいると「一味ちがう」ことがわかりますね。きっとmimimamaさんはこの可愛いミミちゃんにそっくりなのね。そして、不思議な虹の出現! なんということでしょう。おとぎの世界にいるような気がします。
ゆきママ [URL]  2006/05/24/07:01:20   No.2326
mooちゃん、moomama&moopapa,おかえりなさい〜。念願のミミちゃん訪問、mooカイチョーがしっかり手配してくれたのね。
20日の夕方5時半ごろ、こっちにも虹が出たの。虹を見ながら、moomamaと同じことを考えてました。
ほんと、あの子達の魔法にはかなわないにゃ♪
[1] [2]

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
(0文字まで)
Pass

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
<<  2006年05月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

2006年05月22日(月)
高山紀行

+++HOME+++

BBSにもお立ち寄りくださいませ


[Admin]
shiromuku(fs4)DIARY version 3.50