♪ むーすけの介護日誌 ♪
2006年05月07日の日記

亡骸 (追記あり)
今日は髪を切りました。
スイッチが入るといやなのでいつもの美容室は避けて 初めてのところに。
おしゃべりな美容師さんでなくて良かった。

mooが息を引き取ってから その身体に変化が起こったのは瞬く間のことだった。
あんなに早くに固くなってしまうなんて思いもよらなかった。
抱いててあげたら かえってmooが辛いのではないかと思えたし 
変な姿勢にさせてしまったら困る、とも思ったのだから 
そのあたりは冷静だったかも。

変な話を書き始めているので 嫌だと思ったらここから先は読まないでください。
でも素敵なメッセージもあるけれど。

このサイトを始めてから さまざまな方の愛猫の最期をお聞きする機会も増えた。
それは辛いものであったりすることも多い。
>めわさんの思いのように (5日のコメント欄) 大きく見開いた瞳に きっと苦しんだのだという想いは寂しさにさらに追い打ちをかけることも度々あること。

mooの最期のお顔も最初は苦しそうに見えるものだった。
目は大きく開いたままで、 痛くて開くこともできなかった口も半開き。
抱っこしていたし口呼吸だったので そのまま開いちゃったのだろうと思う。
牙が丸見えになったmooちゃんはそれはそれで 恐いもの^^

人間でも口を開いたまま亡くなったら、看護婦さんがサラシを使ってお顔を縛って固定していたのを思いだして、

mooちゃん痛くないようにするからゴメンねと言って ゆっくりゆっくり手でmooのお口を閉じてみた。
その時はすぐには閉じなかったのに 少ししてふと見ると綺麗に閉じられていた。
自分自身の(顔の)重みで閉じたのかもしれないとも思う。
瞳は見開かれたままだったけれど・・・

実は夕刻 出先で所用中の先生のケータイを鳴らして泣きついた。
「先生、mooちゃんはちっとも苦しまなかったはずなのに とても苦しそうな顔をしてるんです。目も開いたまま。何とかしてあげたいんです。お願いします。」

(困惑した)先生は
動物はたいてい目は開いたままなんですよ。
どうしても瞑らせたければ処置のしようもなくはないですと その方法を説明してくれた。また動物の場合の死後硬直はどのぐらいしたら解けるのですかとも聞いたら、多分解けないと思うとの答え。
主人と相談しますといって電話を切り、辛くてまたひとしきり泣いた。

その夜遅く みかりんがケータイのメールに
「動物は目を開けて逝くそうです。みゃあもそうでした。
一緒にいた部屋を忘れないようにだね、きっと。」

その一言に救われたと思ったとたんに、mooちゃんのお顔がどんどん優しくなっていった。
moomamaの顔もしっかりその瞳に焼き付けてね とmooちゃんが私を見てくれる場所にいると心が落着いた。


  愛猫の見開いた瞳は決して苦しんだ名残りではないから。
  あなたを見たいから。
  それだけは どなたにも心の隅に覚えていて欲しい。

それから朝を迎えて mooを撫でていると どんどんmooが柔らかくなりだして
シッポはまるで生きてるときのまま。
動かなかった手にも 手を差し入れて握って握手もできる。
足もちょっとあげてお腹マッサージができる。冷たいのは悲しいけど。
家を出発する直前には抱っこもなんとか出来るようになって、、、
もう1日時間があったらと・・・考えてもせん無いことなのに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もし開けたままの瞳を閉じたいのならば 
亡くなってすぐに目を閉じてあげて 多分また開いちゃうだろうけど
何度も何度も丁寧にしてあげていれば 閉じて薄目ぐらいにはなってくれるそうです。
これも老猫会の看取りの先輩の経験。
mooのお口を閉じてあげようと 力を加えることは一瞬躊躇したけれど
ほんのちょっと閉じてあげただけで十分でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
追記 
moomamaはしばしば猫が目を開けて亡くなることは知っていました。
ただこれからやって来るグランマに少しでも苦しそうに見えるmooちゃんに逢わせるのは忍びないと思ったのです。
ただ・・・あとで考えれば 私よりもグランマの方がよほどたくさんの猫を看取って葬って来ていたのです(^^;)
そして、看取りを終えた介護人さんには きっとあなたをずっと見ていたくて瞳を閉じたくなかったのですね、とメッセージを送ったりもしていました。
でも、やっぱり同じことを どなたかから言ってもらえることで心が落着いたのです。

2006年05月07日(日) 18:00:54   No.2139 (お星様)

この記事へのコメント
福にゃン  2006/05/07/20:13:58   No.2142
mooちゃんの写真をみて、どうして目が開いているのかと思っていました。
写真のmooちゃんは、まだ息をしていて、ただ横たわっているだけのように見えます。
moomamaさんは、今何をしていても、心の中はmooちゃんでいっぱいで、悲しいし寂しいと思います。
moomamaさんはとても一生懸命だったんだから、その分いっぱい泣いてもいいと思う。


ゆきママ  2006/05/07/18:46:36   No.2141
moomama、mooちゃんの瞳は最期まで大好きなmoomamaを見ていたし、moomamaの「ありがとう」の声もちゃんと聞こえていたよ。moomamaの抱っこの感触をずっと覚えてくれてるよ。
3月うさぎ [URL]  2006/05/07/18:19:02   No.2140
旅行帰りでお悔やみが遅くなりました。
あの子のことを書いていると、昨年、ああ、もうジョアン・ダッシュしなくていいんだって思った日々に、なんだか悲しみがまぎれる気がしました。
これからも、毎日 読ませていただきます。
[1] [2] [3]

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
(0文字まで)
Pass

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
<<  2006年05月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

2006年05月07日(日)
亡骸 (追記あり)

+++HOME+++

BBSにもお立ち寄りくださいませ


[Admin]
shiromuku(fs4)DIARY version 3.50