♪ むーすけの介護日誌 ♪
2006年05月07日の日記

亡骸 (追記あり)
今日は髪を切りました。
スイッチが入るといやなのでいつもの美容室は避けて 初めてのところに。
おしゃべりな美容師さんでなくて良かった。

mooが息を引き取ってから その身体に変化が起こったのは瞬く間のことだった。
あんなに早くに固くなってしまうなんて思いもよらなかった。
抱いててあげたら かえってmooが辛いのではないかと思えたし 
変な姿勢にさせてしまったら困る、とも思ったのだから 
そのあたりは冷静だったかも。

変な話を書き始めているので 嫌だと思ったらここから先は読まないでください。
でも素敵なメッセージもあるけれど。

このサイトを始めてから さまざまな方の愛猫の最期をお聞きする機会も増えた。
それは辛いものであったりすることも多い。
>めわさんの思いのように (5日のコメント欄) 大きく見開いた瞳に きっと苦しんだのだという想いは寂しさにさらに追い打ちをかけることも度々あること。

mooの最期のお顔も最初は苦しそうに見えるものだった。
目は大きく開いたままで、 痛くて開くこともできなかった口も半開き。
抱っこしていたし口呼吸だったので そのまま開いちゃったのだろうと思う。
牙が丸見えになったmooちゃんはそれはそれで 恐いもの^^

人間でも口を開いたまま亡くなったら、看護婦さんがサラシを使ってお顔を縛って固定していたのを思いだして、

mooちゃん痛くないようにするからゴメンねと言って ゆっくりゆっくり手でmooのお口を閉じてみた。
その時はすぐには閉じなかったのに 少ししてふと見ると綺麗に閉じられていた。
自分自身の(顔の)重みで閉じたのかもしれないとも思う。
瞳は見開かれたままだったけれど・・・

実は夕刻 出先で所用中の先生のケータイを鳴らして泣きついた。
「先生、mooちゃんはちっとも苦しまなかったはずなのに とても苦しそうな顔をしてるんです。目も開いたまま。何とかしてあげたいんです。お願いします。」

(困惑した)先生は
動物はたいてい目は開いたままなんですよ。
どうしても瞑らせたければ処置のしようもなくはないですと その方法を説明してくれた。また動物の場合の死後硬直はどのぐらいしたら解けるのですかとも聞いたら、多分解けないと思うとの答え。
主人と相談しますといって電話を切り、辛くてまたひとしきり泣いた。

その夜遅く みかりんがケータイのメールに
「動物は目を開けて逝くそうです。みゃあもそうでした。
一緒にいた部屋を忘れないようにだね、きっと。」

その一言に救われたと思ったとたんに、mooちゃんのお顔がどんどん優しくなっていった。
moomamaの顔もしっかりその瞳に焼き付けてね とmooちゃんが私を見てくれる場所にいると心が落着いた。


  愛猫の見開いた瞳は決して苦しんだ名残りではないから。
  あなたを見たいから。
  それだけは どなたにも心の隅に覚えていて欲しい。

それから朝を迎えて mooを撫でていると どんどんmooが柔らかくなりだして
シッポはまるで生きてるときのまま。
動かなかった手にも 手を差し入れて握って握手もできる。
足もちょっとあげてお腹マッサージができる。冷たいのは悲しいけど。
家を出発する直前には抱っこもなんとか出来るようになって、、、
もう1日時間があったらと・・・考えてもせん無いことなのに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もし開けたままの瞳を閉じたいのならば 
亡くなってすぐに目を閉じてあげて 多分また開いちゃうだろうけど
何度も何度も丁寧にしてあげていれば 閉じて薄目ぐらいにはなってくれるそうです。
これも老猫会の看取りの先輩の経験。
mooのお口を閉じてあげようと 力を加えることは一瞬躊躇したけれど
ほんのちょっと閉じてあげただけで十分でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
追記 
moomamaはしばしば猫が目を開けて亡くなることは知っていました。
ただこれからやって来るグランマに少しでも苦しそうに見えるmooちゃんに逢わせるのは忍びないと思ったのです。
ただ・・・あとで考えれば 私よりもグランマの方がよほどたくさんの猫を看取って葬って来ていたのです(^^;)
そして、看取りを終えた介護人さんには きっとあなたをずっと見ていたくて瞳を閉じたくなかったのですね、とメッセージを送ったりもしていました。
でも、やっぱり同じことを どなたかから言ってもらえることで心が落着いたのです。

2006年05月07日(日) 18:00:54   No.2139 (お星様)

この記事へのコメント
蚤杉  2006/05/08/02:14:51   No.2153
moomamaさん、素敵な言葉をありがとうございます。
藤女王も苦しまなかったはずですが
(そう思いたいだけかもしれませんが、そう見えました。)
目もお口も開いたままでした。
口は開けているのが似合わないと思い、閉じてもらいました。
ずっとずっと美しい藤女王の瞳とみつめ合ったままでいたかったのですが、
瞳が乾いてしまうかも…と何度も瞼を撫でて瞑ってもらいました。
目もお口も少しは開いていましたが
mooちゃんと同じ美しいお顔でした。
九ちゃん(USO) [URL]  2006/05/08/00:38:45   No.2152
元気も眼を開いたままでしたよ♪私はずっと、私を見ていたかったのだろうと解釈してました・・。ずっと見てるんですよ☆星になった今もね?大丈夫!大丈夫!!
koba  2006/05/07/23:28:52   No.2151
『あなたを見たいから』素敵な言葉ですね。
私も、ずぅが旅立った時、先生に瞳は閉じてあげられないのか?
と聞いてみました。先生の答は『閉じてあげられますけど』
…それは、どうやるのですか?聞いてみて良かった…
『接着剤でくっつけるんだよ…』
…そんな…無理矢理くっつけるなんて…と思いそのままにしてもらった
もっと他の方法があるのかと思っていたのに…
あの時に、『あなたを見ていたいから』『お部屋の中を覚えていたいから』
って、気が付けば…思えれば、もっと気が楽になれたな〜
開いたままの瞳も愛しく見えたんだろな〜〜〜
めわ [URL]  2006/05/07/23:24:35   No.2150
素敵なお言葉ありがとうございます。
私はたまごが逝ってからずいぶん長いこと身体を撫でていましたが、目は閉じさせませんでした。
それはたまごの綺麗な緑の目を見ていたいからだったかもしれません。
涙も溜まってましたし。つい、さっきまでたまごか生きていた証でもあるような気がして。
「安らかな最期でした」と言う言葉も目にしますが、苦しかったんだろうと思います、最期まで力がある限り身を捩ってましたから。その苦しみから開放されてゆっくりして…と言うのが本音だったかもしれません。
今でもときどき涙がこぼれますが、サイトをやっていて挨拶回りをしたり、皆さんにずいぶん助けられ後押しされた気がします。
moomamaさんもそうでしょうが多くの方が見守っています。
どうか「気持ち」をお大事に。
ありがとうございました。
bunchoka-chan  2006/05/07/22:32:31   No.2148
>動物はたいてい目は開いたまま…
そうなんですか。
bunchoも、その前に居たマリクンという猫も、昏睡状態から、そのままあちらに移行して逝ったので、いつもの寝顔でした。
nejhonには、来た当初から神経性疾患もあって、たまに幻覚を見ることがありました。発作を起こしている状態が、何かとても恐ろしいものに追いかけられているという風なのです。最期は、テ○○ムの酸素ボックスのドアを私が不用意に開けたため、そのドアのきしみ音で発作を誘発してしまいました。
恐怖心でいっぱいの錯乱状態の極みに天使が来たようでした。瞬間、おびえきった表情が完全に消え去って、子猫ように甘ったれた表情の寝顔になり息をひきとりました。
ジャム&おかーたま  2006/05/07/22:30:16   No.2147
moomama、まだまだつらい時にすてきなお話きかせてくれてありがとう。
「あなたを見たいから」
心の奥の固まりがひとつ、溶けた気がします。

ジャムも、うすく目をあけていました。
お口も、少しあけていました。
のこっていた瞳で見て、お口で「ありがと」って言ってくれていたのかな、と思うと
安堵の反面、新たな涙もこぼれます。

「冷たくなった」ジャムを抱くのはつらいものでした。
でも、最期に、ちゃんと抱きしめてあげないと、あとからきっと絶対に後悔するような気がして、いったんは棺に納めた花もなにもかも、全部とりだして、もう一度抱きしめました。
そうすることでしか、自分の気持ちを伝えられないと思いこんでいたのかもしれません。
心はいつでも、こんなに近くにいるのにね・・・・。
のりまま  2006/05/07/22:16:31   No.2146
まいは寝てたまんまだったかな?
ぴーもうーも閉じれなくて、先生がそれようの接着剤で閉じるんですよって・・・
ぴーもうーも閉じてもらいに行ったよ。
だから寝てるようでしのびなかった・・・
でも、お部屋、顔を忘れないためだと聞いてホッとしたの。まいの目は閉じなかったからだんだん瞳がゆがんでくぼんでいった。
私はみんな3日とも一緒に寝たから、、(まいだけは5月暑くて、一部屋きんきんに冷房したから一緒には寝れなかった。
うーは苦しんだ、口を大きく開けてのけぞって断末魔の声を上げた。
それが私の心残り、苦しまないでほしかった・・・
カイチョー、ママを最後まで見ていたんだよね!!
まいのときに、当時入院してたときの担当の看護師さんが来てくれて、数時間後には関節も動くんですよとほぐしてくれた。
シッポはホントに生きてるかのようにしなやかだった。変な話、シッポだけでも冷凍したかった私です・・・ぴーのときに尻尾の毛をもらうときに少し軟骨まで切ってしまい・・・でもみるたびに良かったなっておもいます。
mikeko  2006/05/07/21:11:15   No.2145
みけは最期とても苦しみ目を見開いたままでした。安らかになって欲しくてそっとそっと何度も瞼をなで薄目くらいにはつぶってくれました。moomamaさんの”ー決して苦しんだ名残ではないから。貴方を見たいから。−"の言葉に救われた思いです。辛い思いがまた一つ消えていきます。ありがとう!moomamaさん。
ご自身がお辛い時なのにmooちゃんとmoomamaさんにはどれほどの癒しを頂いていることでしょう。優しいご縁がこうして育まれるのもmooちゃんのおかげです。
髪を切りに出かけられたことよかったですね!
3月うさぎさんのように私もみけに手紙を書くことで落ち着く気がしました。
ササミ@ジョアン  2006/05/07/20:53:45   No.2144
うちも目を開けたままでした。
倒れてから亡くなるまでの1時間弱の間、目が開いてたかどうか
覚えていません。
それに、実際にいつなくなったかよくわからないくらいでした。
多分最後に後ろ足をキックして少し回転して嘔吐した時に
亡くなったんだろうって先生に言われたけど、
わからずその後30分くらいそのまま体に耳当てたりして
確認するもわかりませんでした。
どーしても母が目を瞑らせたかったので何度も何度も
目を瞑らせて閉じた状態になりました。
死後硬直も一日くらいで解けてすごくフニャフニャでしたよ。
棺おけ?用の箱に紙を貼り、せめてものかわいい装飾にしました。
うちは本当に顔が半分になっちゃって・・・全然面影なかったです。
キツネみたいな顔になってました。
だからmooちゃんのお顔うらやましいです。
こゆたん  2006/05/07/20:14:40   No.2143
うちの小太郎も、最期の瞬間は瞳を大きく見開いてシッポをボッとさせました。
うちの場合は、亡くなった直後、私が瞼を下ろしたら綺麗に眼をつぶってくれました。

「愛猫の見開いた瞳は決して苦しんだ
 名残りではないから。
 あなたを見たいから。
 それだけは どなたにも心の隅に
 覚えていて欲しい。」

とてもすてきな言葉ですね。
我が家にはまだ3ニャンもいるので、いつかまたお別れの時が来たときのために心に刻んでおきたいと思います。

mooちゃんは、これからももずっーとmoomama&papaだけを見つめ続けていますよ。
[1] [2] [3]

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
(0文字まで)
Pass

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
<<  2006年05月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

2006年05月07日(日)
亡骸 (追記あり)

+++HOME+++

BBSにもお立ち寄りくださいませ


[Admin]
shiromuku(fs4)DIARY version 3.50